マイケル・オマーティアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・オマーティアンMichael Omartian, 1945年11月26日 - )は、アメリカ合衆国出身のミュージシャン音楽プロデューサー

概要[編集]

グラミー賞を受賞したクリストファー・クロスのデビューアルバム/シングルを初め、ホイットニー・ヒューストンマイケル・ボルトンピーター・セテラ等、数々のアーティストのプロデューサーとして有名。『ウィ・アー・ザ・ワールド』ではクインシー・ジョーンズと共同でプロデュースも担当している。

概歴[編集]

イリノイ州出身。1970年代前半には、ロスアンゼルススタジオ・ミュージシャン(キーボード奏者)として活動を始めている。ロギンス&メッシーナのデビューアルバムでの演奏は特に評価され、ケニー・ロギンスが正式メンバーとして勧誘した[1]が、この時は辞退している。

1974年、初のソロアルバム『ホワイト・ホース (White Horse)』をリリース。その後もスタジオ・ミュージシャンとしての活動を続けるかたわら、プロデューサーとしても仕事を手がける様になった。1979年にリリースされたクリストファー・クロスのファースト・アルバム『南から来た男(Christopher Cross)』は1980年度のグラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤー(Album of the Year)を、さらにシングル・カットされた『セイリング(Sailing)』はレコード・オブ・ザ・イヤー等を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シンコー・ミュージック刊「スーパーロック・マルチ・キーボードの全貌」(1976年発行)より。