マイク型原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K-278 コムソモレツ
浮上航行中のK-278(1986年6月1日)
概要
名前: マイク型原子力潜水艦
建造: ルービン設計局
運用:  ソビエト連邦海軍 1隻
建造: 1隻
完工: 1隻
現役: 0隻
起工済: 1隻
損失: 1隻
保存: 0隻
艦歴  ソビエト連邦海軍
船名: K-278 コムソモレツ
起工: 1978年4月22日
進水: 1983年5月9日
就役: 1984年12月31日
母港: Zapadnaya海軍基地
その後: 1989年4月7日に火災で沈没,犠牲者47人
現状: バレンツ海の水深1,600 m (5,200 ft)で微量の放射性物質が漏れ出す
仕様諸元
分類 NATOコードネーム "マイク"
艦種: 潜水艦
排水量 浮上時:4,400-5,750 トン, 潜航時:6,400-8,000 トン
全長: 117.5 m (385 ft)
全幅: 10.7 m (35 ft)
喫水: 8から9m (26から30ft)
機関: 190 MW OK-650 b-3 加圧水型原子炉1基, 45000shp 蒸気タービン2基 ,1軸推進
速力: 浮上時:14ノット (26 km/h) surfaced, 潜航時:26から30ノット (48から56km/h)
試験深度: 安全深度1,000 m, 設計深度1,250 m , 圧壊深度1,500 m
総員: 士官33人, 准士官21人, 下士官15人
兵装:
浮上航行中のK-278 コムソモレツ

マイク型原子力潜水艦NATOコードネーム表記:Mike Class Nuclear Submarine)または、685号計画「Plavnik」型原子力潜水艦(проекта 685 «Плавник»)は、ソビエト海軍原子力潜水艦。2隻が計画され、後にコムソモレツと命名されたK-278のみが建造された。

概要[編集]

K-162(パパ型原子力潜水艦)と同様に、実験的な性格を持った艦である。開発の端緒となったのは1966年8月、当時のソ連海軍総司令部による指令で、その目的は、従来の潜水艦の潜航深度を大幅に上回る実験潜水艦の技術研究であった。

さらに、この685号計画においては、単なる実験艦ではなく、実戦運用に堪える潜水艦であることが要求された。すなわち、全面核戦争が起こった際の海中司令部としての役割である。陸上の艦隊司令部が核攻撃で破壊されても、司令部要員は、本艦に乗り込んで引き続き艦隊を指揮する事が求められたのである。これらの要求に応えるため、船殻にはチタン合金が採用され、さらに、極限まで外殻開口部を少なくする工夫が施された。また、大深度での緊急事態に備えた緊急脱出システムとして、全乗員を収容しての浮上・脱出が可能な脱出室がセイルに組み込まれた。

この計画から得られた技術的知見は後の原潜にも生かされ、船体設計と原子炉はシエラ型に受け継がれ、のちにアクラ型に発展した。この他、研究段階での加圧水槽実験のデータも生かされているという。

なお、有事の際の海中司令部という性格上、北方艦隊用の本艦の他、太平洋艦隊向けの2番艦の建造計画があったが、予算上の問題から起工されること無く終わっている。

同型艦[編集]

艦名 起工 進水 就役 喪失
K-278(コムソモレツ) 1978年4月22日 1983年6月3日 1984年12月28日 1989年4月7日
艦名無し 計画段階で建造中止

要目[編集]


参考文献[編集]

外部リンク[編集]