マイク・マティアビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Miljenko Matijevic - picture by Simone van den Boom.jpg

マイク・マティアビッチ (Mike Matijevic、1964年11月29日 - )は、クロアチア出身のミュージシャンであり、アメリカのハードロックバンドスチールハート(Steelheart)」のボーカリスト。

非常に広い声域、高い歌唱力を持ち、Steelheartの多くの楽曲の作詞作曲を手がけるリーダー。

クロアチアに生まれ、7歳の時に家族と共にコネチカット州グリニッジに移住。 9歳の時には地元に聖歌隊に参加する。11歳でレッド・ツェッペリンと出会い、兄と「Teazer」という名のバンドを結成する。 このバンドではレッド・ツェッペリン、ブラック・サバスのカヴァーや、オリジナル曲の演奏をしていたという。13歳の時には4ヵ月間ほどヴォーカル・レッスンを受ける。 その後「Teazer」は解散となり、15歳の時に「The Mission」に加入。 その後はギタリストのクリス・リゾーラを中心に活動していたバンド、「Red Alert」に加入。 熱心な活動を続け数年、MCAレコードとの契約を結ぶことに成功し、1990年にアルバム「Steelheart」でレコードデビューを果たす。(「Red Alert」というバンド名はMCAとの契約時に、「他に使用しているバンドが存在する」という理由で、「Steelheart」と改められる。)

2ndアルバム「Tangled in Rains」発売後の1992年、コロラド州デンバーでのライブ中にマティアビッチはステージ上の照明器具にパフォーマンスとしてよじ登ろうとしたが、器具は適切な固定が成されておらず、その結果器具はマティアビッチの上に落下し、頭蓋骨、鼻、頬骨、顎、そして背骨を骨折するという大事故となった。また、一時的な記憶喪失にも陥った。 九死に一生を得たマティアビッチは、リハビリの末に1996年にアルバム「Wait」で復帰。

2001年には映画ロック・スター用に特別結成されたバンド、スティール・ドラゴン(Steel Dragon)にボーカリストとして参加。 ギターにザック・ワイルドニック・カトネーゼ、ベースにジェフ・ピルソン、ドラムにジェイソン・ボーナムという豪華なバンドであった。

2006年にSteelheartを再始動し、以後精力的なライブ活動を展開している。

2008年にはSteelheartとしての新アルバム、[Good 2B Alive]を発売。

今ではバンドの殆どのビジネスを手がけ、STEELHEART Studio、STEELHEART TV、STEELHEART Wear、そしてSTEELHEART Recordsまで立ち上げいる。

現在は出生名であるミリェンコ・マティアビッチ(Miljenko Matijevic)を名乗っており、「Mili」の愛称で親しまれている。