マイク・ディアズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ディアズ
Mike Diaz
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1960年4月15日(54歳)
身長
体重
188 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手捕手指名打者
プロ入り 1978年 MLBドラフト30巡目
初出場 MLB / 1983年9月15日
NPB / 1989年4月9日
最終出場 MLB / 1988年10月2日
NPB / 1992年6月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイク・ディアズMichael Anthony "Mike" Diaz , 1960年4月15日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

1978年のドラフトでシカゴ・カブスから30巡目指名を受け入団。もともとの守備位置は捕手で、メジャー初昇格した1983年まではマイナーでもほとんど捕手として出場していたが、後に登録上は外野手に転向した。1984年フィラデルフィア・フィリーズ、さらに翌年にはピッツバーグ・パイレーツに移籍し、1986年に3年ぶりにメジャー昇格するとこの年と翌年に2年連続で二桁本塁打を記録した。登録上の守備位置である外野手と一塁手で主に起用されたが、それ以外にも三塁手や本職の捕手に入る場合もあり万能選手として扱われていた。

1988年は打撃不振で、シーズン途中にシカゴ・ホワイトソックスにトレードされたがホワイトソックスもシーズン終了後に退団。その後日本のロッテオリオンズに入団した。アメリカ時代に乱闘を度々したことやそのマッチョな風貌、シルベスター・スタローンに風貌が似ていることから「ランボー」の愛称で親しまれていたことから登録名を「ランボー」にする案もあったが、権利の関係で実現はしなかった。

1989年は130試合全てにスタメン出場し、打率.301・39本塁打・105打点と打線の核として働いた。また対福岡ダイエーホークス戦で、山内和宏から受けた死球に激高し乱闘騒ぎを起こして退場処分を受け、同年9月の試合では、清原和博西武)が平沼定晴投手に襲い掛かった後、味方ベンチに逃げ込もうとした時にヘッドロックを掛けたシーンは何度も珍プレー好プレーで流された。

1990年は前年に続き3割30本100打点を達成。また後半戦には監督の金田正一の発案から捕手として15試合に出場した。小宮山悟によるとディアズの配球は「打たれるまで初球カーブ」というものだったという。また元来細やかな神経の持ち主であることもあり、試合中に下痢を起こしタイムをかけてはベンチ裏に駆け込むということがあった。

捕手として初めてコンビを組んだのは村田兆治であるが、ディアズは村田を尊敬しており自分のロッカールームに村田の写真を飾っていた。この年限りで引退した村田の引退試合(10月13日の対西武戦)ではホームランを放っている。

1991年も6月に捕手として起用されたが、12日のオリックス・ブルーウェーブ戦で2塁送球の際に右肘を骨折し残りのシーズンを欠場。なお1991年6月12日のディアズを最後に、NPBにおいて外国人選手が捕手としてスタメン出場したケースはない。復帰した1992年はこの年から球団名を変えた「千葉ロッテマリーンズ」の初代4番となったが、精彩を欠いてシーズン途中で解雇された。

現役時代、「全米腕相撲大会」にロッテオリオンズのユニフォームを着て出場して並み居るメジャーリーガー達を抑え、2年連続で優勝している。

NHK道傳愛子アナウンサーとは、当時のNHKのスポーツニュースで知り合って以来の友人。ディアズは道傳のことを「AICO」(「アイコ」)という愛称で呼んでいる。この愛称はディアズが名付け親。道傳の意思により、英語風に表記している。

ロッテでの応援歌の原曲は「魔法使いサリー」のテーマ。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 CHC 6 7 7 2 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .286 .286 .429 .714
1986 PIT 97 233 209 22 56 9 0 12 101 36 0 1 0 3 19 0 2 43 5 .268 .330 .483 .814
1987 103 282 241 28 58 8 2 16 118 48 1 0 0 7 31 3 3 42 6 .241 .326 .490 .816
1988 47 90 74 6 17 3 0 0 20 5 0 0 0 0 16 1 0 13 2 .230 .367 .270 .637
CHW 40 158 152 12 36 6 0 3 51 12 0 1 0 0 5 0 1 30 5 .237 .266 .336 .601
'88計 87 248 226 18 53 9 0 3 71 17 0 1 0 0 21 1 1 43 7 .235 .302 .314 .617
1989 ロッテ 130 558 489 75 147 19 2 39 287 105 1 3 0 4 57 5 8 77 14 .301 .380 .587 .967
1990 128 554 454 74 141 23 1 33 265 101 3 1 0 0 97 15 3 88 3 .311 .435 .584 1.019
1991 42 171 139 22 33 2 0 10 65 23 0 0 0 3 28 1 1 21 5 .237 .363 .468 .830
1992 50 212 174 21 32 5 0 11 70 35 0 0 0 5 31 1 2 51 4 .184 .307 .402 .709
MLB:4年 293 770 683 70 169 27 2 31 293 102 1 2 0 10 71 4 6 128 18 .247 .319 .429 .748
NPB:4年 350 1495 1256 192 353 49 3 93 687 264 4 4 0 12 213 22 14 237 26 .281 .388 .547 .935
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB
  • 月間MVP:2回(1989年6月、1990年4月)

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 15 (1983年)
  • 10 (1986年 - 同年途中)
  • 59 (1986年途中 - 同年終了)
  • 14 (1987年 - 1988年途中)
  • 20 (1988年途中 - 同年終了)
  • 4 (1989年 - 1992年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]