マイク・ウィリアムズ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ウィリアムズ
Mike Williams
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州ラドフォード
生年月日 1969年7月29日(44歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
199 lb =約90.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト14巡目でミネソタ・ツインズから指名
初出場 1992年6月30日
最終出場 2003年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイク・ウィリアムズ(Michael Darren Williams, 1969年7月29日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州ラドフォード出身の野球選手投手、右投右打。MLBでリリーフ投手としてフィラデルフィア・フィリーズカンザスシティ・ロイヤルズヒューストン・アストロズピッツバーグ・パイレーツの4球団に在籍。

12シーズンで468試合(55試合に先発)に登板し、144セーブを記録。パイレーツ在籍時、セーブが1969年に公式記録となって以降の球団史上ケント・テカルヴ(158セーブ)に次ぐ140セーブを記録[1][2]

経歴[編集]

1990年MLBドラフトフィラデルフィア・フィリーズから14巡目で指名され入団。1992年6月30日にメジャーデビュー。1993年7月7日のドジャース戦では延長15回からリリーフ登板。5イニングを無失点に抑え、延長20回に1点を許したものの、チームはその裏レニー・ダイクストラの二塁打で逆転勝利[3]。フィリーズでは1996年まで在籍し、1997年2月15日にボストン・レッドソックスへ移籍。しかし、レッドソックスは同年3月14日にウィリアムズを解雇。1997年4月30日、カンザスシティ・ロイヤルズと契約。シーズン終了後の12月8日、ピッツバーグ・パイレーツと契約。

パイレーツ移籍1年目の1998年、37試合の登板で防御率1.94を記録。翌1999年からクローザを務め、5年連続でシーズン20セーブを記録。2001年7月31日にトニー・マックナイトとのトレードでヒューストン・アストロズへ移籍したが、シーズン終了後の2002年1月2日、パイレーツと契約。2002年はリーグ3位の46セーブを記録し、ジム・ゴットのシーズンセーブ記録の球団記録(34セーブ、1988年)を更新[1][2]。また、オールスター初選出を果たした。2003年はシーズン初登板から5試合連続で無失点に抑えセーブを記録したが、シーズン7試合目の登板で4失点(自責点4)を喫し、防御率は6.75まで悪化。その後、防御率は5点台以上で推移。7月21日にはフランク・ブルックスとのトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍。

2004年1月13日、タンパベイ・デビルレイズとマイナー契約に合意したが[2]、デビルレイズは開幕直前の3月24日にウィリアムズを解雇[4]

年度別投球成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Pittsburgh Pirates Top 10 Pitching Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c Rays sign RHP Mike Williams to minor league deal” (英語). MLB.com (2004年1月13日). 2009年9月1日閲覧。
  3. ^ July 7, 1993 Los Angeles Dodgers at Philadelphia Phillies Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年9月1日閲覧。
  4. ^ Devil Rays Transactions March, 2004” (英語). MLB.com. 2009年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]