ポール・A・バラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・A・バラン
ネオマルクス経済学
生誕 1910年8月25日
死没 1964年3月26日(満53歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 マクロ経済学
影響を
受けた人物
カール・マルクス
ミハウ・カレツキ
Josef Steindl
ジョン・ケネス・ガルブレイス
影響を
与えた人物
イマニュエル・ウォーラーステイン
テンプレートを表示

ポール・A・バランPaul Alexander Baran1910年8月25日 - 1964年3月26日)は、アメリカ合衆国経済学者資本主義における独占の研究で知られる。

ロシア帝国のニコラーエフ(現在のウクライナムィコラーイウ)生まれ。ベルリン大学経済学部の助手を務めた後、米国へ亡命。ハーバード大学で学び、スタンフォード大学マルクス経済学者初のテニュアを取得した。同じ経済学者のポール・スウィージー都留重人はハーバード大学の同期で、友人である。

1964年3月26日、カリフォルニア州パロアルトで死去。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Political Economy of Growth, (Monthly Review Press, 1957, 2nd ed., 1962).
浅野栄一高須賀義博訳『成長の経済学』(東洋経済新報社, 1960年)
  • Marxism and Psychoanalysis, (Monthly Review Press, 1960).
  • The Longer View: Essays toward a Critique of Political Economy, (Monthly Review Press, 1970).

共著[編集]

  • Monopoly Capital: An Essay on the American Economic and Social Order, with Paul M. Sweezy, (Penguin Books, 1966).
小原敬士訳『独占資本――アメリカの経済・社会秩序にかんする試論』(岩波書店, 1967年)