ポール・ロデューカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ロデューカ
Paul Lo Duca
PaulLoDuca 20040516.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン
生年月日 1972年4月12日(42歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1993年 ドラフト25巡目
初出場 1998年6月21日
最終出場 2008年9月27日
年俸 $5,000,000[1](2008年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ポール・アンソニー・ロデューカPaul Anthony Lo Duca , 1972年4月12日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン出身の元野球選手。捕手、右投右打。

経歴[編集]

1993年ドラフト25巡目指名でロサンゼルス・ドジャースへ入団。

1998年の6月にメジャーデビュー。そのころレギュラーとして活躍していたマイク・ピアッツァの後釜として期待されていたが、初試合は遅かった。

2001年には打率.320、25本塁打、90打点の好成績を記録し開花した。

2002年は本塁打が減少。打率も落ちた。しかしリードの巧さを買われ投手陣を支えた。

2003年のオフには、ラモン・ヘルナンデスマーク・コッツェイとの交換でサンディエゴ・パドレスに放出したため、新たな正捕手候補を探していたオークランド・アスレチックスへのトレード話が浮上。ジャーメイン・ダイ右翼手と金銭という条件だったが、ドジャースはこれを断っている[1]

2004年のシーズン途中には急遽、フロリダ・マーリンズにトレード。ロデューカを気に入っていた当時の監督ジム・トレーシーフロントに文句を言い、以後監督とフロントの確執にまで発展した。同年オフに3年1800万ドルで契約延長。

2005年は5月に打率.244と不振に陥ったものの、打率.283をマーク。

2006年は、マイナーリーガーのギャビー・ヘルナンデス投手とダンテ・ブリンクリー外野手とのトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。ちなみに、このトレードは、残り2年のマーリンズとの契約のうち、メッツは1250万ドルを負担することで合意した。7月に打率.410を記録するなど、主に2番打者、捕手としてチームを牽引し、チームメイトからは「キャプテン・レッドアス(赤尻)」と呼ばれ、クラブハウスでもリーダーぶりを発揮。初のファン投票選出でオールスターにも出場し、球団の18年ぶり地区優勝をもたらした。しかし、その一方で、8月に離婚や違法ギャンブルのスキャンダルが報じられる失態を演じている。

2007年オフに公表されたミッチェル報告書において、薬物の使用、取引に関係のある選手としてロデューカの名前があげられた。同報告書によると、ロデューカはニューヨーク・メッツの元職員カーク・ラドムスキをトッド・ハンドリーからドジャース在籍時に紹介され、ラドムスキから薬物を購入していたほか、アダム・リグスマット・ハージェスら複数の選手にラドムスキを紹介していた。また、1999年にドジャース傘下のマイナーチームでプレイしていた時に、ジェフ・ウィリアムス、マット・ハージェスら当時のチームメイトたちと共に薬物を使用していた。翌年2月16日、ロデューカはミッチェル報告書に関する声明を発表し、過去の判断の誤りについて謝罪したが、同報告書の内容についてより詳しい説明をすることは拒否した。

2008年からは1年500万ドルで契約したナショナルズでプレーすることになった。だが7月31日にナショナルズから解雇された。8月8日に古巣のフロリダ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[2]

2009年はTVGネットワークで解説者をし、競馬の第141回ベルモントステークスでも解説を務めた。

2010年1月19日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約。5月29日に解雇され、その後はTVGネットワークで野球や競馬の解説を務めている。

選手としての特徴[編集]

ボールコンタクトがうまく、捕手としては肩が弱いもののキャッチング面では堅実で、かつハードにプレーする。捕手以外に、一塁手三塁手左翼手でのプレー経験がある。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 LAD 6 14 14 2 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .286 .286 .357 .643
1999 36 110 95 11 22 1 0 3 32 11 1 2 1 2 10 4 2 9 3 .232 .312 .337 .649
2000 34 75 65 6 16 2 0 2 24 8 0 2 2 2 6 0 0 8 2 .246 .301 .369 .670
2001 125 519 460 71 147 28 0 25 250 90 2 4 5 9 39 2 6 30 11 .320 .374 .543 .917
2002 149 632 580 74 163 38 1 10 233 64 3 1 4 4 34 2 10 31 20 .281 .330 .402 .732
2003 147 630 568 64 155 34 2 7 214 52 0 2 7 1 44 6 10 54 21 .273 .335 .377 .712
2004 91 381 349 41 105 18 1 10 155 49 2 4 2 2 22 0 6 27 15 .301 .351 .444 .795
FLA 52 213 186 27 48 11 1 3 70 31 2 1 6 4 14 0 3 22 7 .258 .314 .376 .690
'04計 143 594 535 68 153 29 2 13 225 80 4 5 8 6 36 0 9 49 22 .286 .338 .421 .759
2005 132 496 445 45 126 23 1 6 169 57 4 3 5 8 34 5 4 31 16 .283 .334 .380 .714
2006 NYM 124 551 512 80 163 39 1 5 219 49 3 0 7 2 24 0 6 38 15 .318 .355 .428 .783
2007 119 488 445 46 121 18 1 9 168 54 2 0 3 10 24 4 6 33 18 .272 .311 .378 .689
2008 WSH 46 153 139 13 32 7 0 0 39 12 1 0 0 0 9 0 5 9 9 .230 .301 .281 .582
FLA 21 40 34 3 10 2 0 0 12 3 0 0 0 0 6 0 0 2 1 .294 .400 .353 .753
'08計 67 193 173 16 42 9 0 0 51 15 1 0 0 0 15 0 5 11 10 .243 .321 .295 .616
通算:11年 1082 4302 3892 483 1112 222 8 80 1590 481 20 19 42 44 266 23 58 295 138 .286 .337 .409 .746
  • 2008年度シーズン終了時

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『月刊スラッガー』2004年2月号、80ページ
  2. ^ Marlins bringing back catcher Lo Duca Club inks veteran backstop to Minor League contract”. MLB.com. 2008年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]