ポール・モカペトリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・モカペトリス(Paul Mockapetris)は、現Domain Name System (DNS)のアーキテクトであり、インターネット界のパイオニアである。

1971年、マサチューセッツ工科大学で物理と電子工学の学士を修得。1982年に、カリフォルニア大学アーバイン校で情報とコンピュータサイエンスの博士号を得た。

モカペトリスは、全てのアドレストランスファーを単一のホストに頼るという、初期のインターネットの問題点に気づき、ドメイン名を使用しての新たなデータ管理法、すなわちDomain Name Systemを、情報科学研究所ジョン・ポステルと協力して考案した。1983年に、RFC882項にて、アイディアを公表した。彼はまた同研究所で、初のSMTP主体Eメールサーバも考案している。

RFC公表後、"Jeeves"と呼ばれる初のDNS応用版を書き、最初3つのDNSをコーディネート、1986年にはインターネット全てのルートサーバに蔓延させた。

その後彼は、IETFや、アメリカ連邦ネットーワーク理事会(U.S. Federal Networking Council)のチェアマンを務め、国防情報伝達評議会(Defense Messaging System Advisory Council)、IABのメンバーとしても働いた。

またプロジェクトマネージャとして、アメリカ国防省防衛高等研究計画局で働き、@Home、Software.com、Fiberlane(現Cisco)、Cerent、Siara、Urban Media、NU Domainなどのインターネット関連会社を経て、現在はNominumのチェアマンを務めている。

1997年にJohn C. Dvorak Telecommunications Excellence Award、2003年にIEEE Internet Award、2005年にSIGCOMM Award等を受賞した。