ポール・ハインリッヒ・フォン・グロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ハインリッヒ・フォン・グロート
人物情報
生誕 1843年6月23日
マクデブルク
死没 1927年12月2日(満84歳没)
出身校 ベルリン大学
学問
研究分野 鉱物学
研究機関 ミュンヘン大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1908年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ポール・ハインリッヒ・フォン・グロート(Paul Heinrich von Groth, 1843年6月23日 - 1927年12月2日)は、ドイツ鉱物学者である。鉱物化学成分結晶構造の関係についての理論の分野で貢献した。

マクデブルクで生まれた。フライベルクの鉱山学校(現フライベルク工科大学)や、ドレスデン工科大学ベルリン大学で学んだ。1872年からシュトラスブルク大学鉱物学講師となり、1883年にミュンヘン大学にうつり、ミュンヘン州立博物館学芸員、鉱物学の教授に任命された。鉱物、結晶岩石の研究を行い、グロートの研究室は結晶学と鉱物学の世界的な研究の中心となった。

1908年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。ミュンヘンにて没。

著書に『鉱物成分表概要』(Tabellarische Ubersicht der einfachen Mineralien, 1874年 - 1898年)や『物理結晶学』(Physikalische Krystallographie, 1876年 - 1895年、4訂版 1905年)がある。

関連項目[編集]