ポール・ダグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ハワード・ダグラス
Paul Douglas.JPG
生年月日 1892年3月26日
出生地 マサチューセッツ州セーラム
没年月日 1976年9月24日(84歳)
死没地 ワシントンD.C.
出身校 ボードイン大学
コロンビア大学
ハーバード大学
現職 経済学者
所属政党 民主党
称号 銅星章
名誉負傷章 (2)
配偶者 ドロシー・ウォルフ・ダグラス(離婚)
エミリー・タフト・ダグラス(死去)

アメリカ合衆国上院議員
選挙区 イリノイ州
在任期間 1949年1月3日 - 1967年1月3日
テンプレートを表示

ポール・ハワード・ダグラス: Paul Howard Douglas, 1892年3月26日 - 1976年9月24日)は、アメリカ合衆国政治家経済学者。1949年から1967年までイリノイ州選出上院議員を務めた。

生い立ち[編集]

ダグラスは1892年3月26日にマサチューセッツ州セーラムの小さな町で生まれた。彼が4歳の時に母親が死去し、父親は再婚した。父親は再婚相手に暴力を振るい、離婚できなかった継母は夫を残し、ダグラスと兄を連れてメイン州ピスカタキス郡へ逃れた。そこでは彼女の兄弟とおじが森林にリゾートを造っていた。

研究生活と家族[編集]

ダグラスは1913年にファイ・ベータ・カッパ英語版のメンバーとしてボードイン大学を卒業した。その後コロンビア大学に入学し、1915年の経済学の修士号を、1921年には博士号を取得した。1915年に彼はブリン・マウワー大学の卒業生で、コロンビア大学で博士号を得たドロシー・ウォルフと結婚した。

1915年から1920年まで、夫妻は6回転居した。ポールはハーバード大学で研究し、イリノイ大学およびオレゴン州リード大学で教鞭を執った。また、ペンシルベニア州エマージェンシー・フリート社で労働争議の調停を行い、ワシントン大学でも教鞭を執った。エマージェンシー・フリート社で勤務している間に、彼はジョン・ウールマンの「The Journal of John Woolman」を読んだ。シアトルで教員を務めたときに、彼はクエーカー教徒となった。

1919年にダグラスはシカゴ大学で経済学の教授となる。1921年に彼は社会改革者ジェーン・アダムズに出会っている。ダグラスは自身の仕事を楽しんでいたが、妻は縁故主義の禁止という大学の規則のため、職を得ることができなかった。スミス大学に職を得ると、彼女はマサチューセッツ大学アマースト校で教鞭を執った経験のある夫に、一家でマサチューセッツに転居するよう説得した。シカゴでダグラスはチャールズ・W・コッブと共にコッブ=ダグラス関数英語版を発表した。ダグラスは結婚生活が継続できないとし、二人は1930年に離婚した。ドロシーが4人の子供を引き取り、ダグラスはシカゴに戻った。翌年ダグラスは彫刻家ロラード・タフトの娘でありウィリアム・タフト元大統領の遠戚であるエミリー・タフトと再婚した。エミリーは政治活動家であり元女優、1945年から47年までイリノイ州大選挙区選出下院議員を務めた。

参照[編集]

  • Biles, Roger. " Paul H Douglas, Mccarthyism and the Senatorial Election of 1954," Journal of the Illinois State Historical Society 95#1 2002. pp 52+.
  • Douglas, Paul H. (1972). In the Fullness of Time;: The Memoirs of Paul H. Douglas. Harcourt Brace Jovanovich. ISBN 0-15144-376-9. 
  • Biographical Essay on the University of Chicago www site:

www.lib.uchicago.edu/e/spcl/phdouglas.html

  • Sledge, Eugene B. (1990). With the Old Breed: At Peleliu and Okinawa. Oxford University Press. ISBN 0-19506-714-2. 
議会
先代:
チャールズ・W・ブルックス
イリノイ州選出上院議員(第2部)
1949年 - 1967年
同職:スコット・W・ルーカス, エヴァレット・ダークセン
次代:
チャールズ・H・パーシー