ポール・コルニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自作のヘリコプターに乗るポール・コルニュ(1907年)
コルニュのヘリコプター

ポール・コルニュPaul Cornu1881年6月15日 オルヌ県 - 1944年6月6日 カルヴァドス県リジュー)は、フランスの発明家である。ヘリコプターの先駆者の1人。

自転車製造を行なっていたコルニュは、2つの回転翼を持ったヘリコプター(右図)を製作した。操縦者込みの重量は330kgで、動力はアントワネット製の24馬力のエンジンであった。1907年11月13日に20秒の間、30cmの高さに離陸した。操縦する機構はなく、数回の飛行を行なったあと、実験はとりやめられた。彼の初飛行はモーリス・レジェルイ・ブレゲーの飛行に遅れること数ヶ月であった。

1944年ノルマンディー上陸作戦に巻き込まれて家を爆撃され、死去した。

外部リンク[編集]