ポール・グレアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・グレアム
Paul Graham
生誕 1964年 (49–50歳)[1][2]
Weymouth, England [3]
職業 プログラマー
ベンチャーキャピタル
作家
公式サイト
paulgraham.com

ポール・グレアム(Paul Graham1964年 - )は、米国Lispプログラマーでエッセイスト。『ANSI Common Lisp』や『ハッカーと画家』の著者としても知られている。

コーネル大学哲学学士号を取得し、ハーバード大学コンピュータサイエンスの分野の修士号(1988年)と博士号(1990年)を取得した。また、ロードアイランドデザインスクールフィレンツェの美術学校で絵画を学んだ。

1995年ロバート・モリスと最初のASPであるViawebを創立。Common Lispで書かれたViawebソフトウェアでは、ユーザーがインターネットストアを作成することが出来た。1998年、ViawebはYahoo!の45万5000株(4960万ドル相当)と交換でYahoo!に買収され、同製品はYahoo!Storeとなった。

この頃から彼は自身のウェブサイトであるpaulgraham.comでエッセイを書き始めた。彼の書くエッセイは、Lispと他のプログラミング言語を比較した「普通のやつらの上を行け」から、高校でのオタクの生活を論じた「どうしてオタクはもてないか」まで至る。彼のエッセイは『ハッカーと画家』(ASIN:4274065979)としてまとめられて出版されている。Googleの英語サイトで「essays(エッセイ)」と検索すると、2010年4月7日現在では彼のエッセイのリストが最初に表示される。

現在、彼は新しいLispの方言であるArcに取り組んでいる。このことは彼のエッセイ「百年の言語」などで述べられている。Arcでの取り組みの一部として、彼はメールクライアントを開発しており、その中で優れたスパムフィルタが必要であると判断した。「スパムへの対策」で彼が述べている単純ベイズ分類器を利用したベイジアンフィルタは、現在広く使われているスパムフィルタに大きな影響を与えた。

2005年にハーバードコンピュータ協会で行った講演は、「スタートアップの始め方」として公開された。グレアムはトレバー・ブラックウェルとジェシカ・リビングストン、ロバート・モリスと共に、スタートアップ企業(特に若い人によって開始され、とりわけ技術志向の企業)へのシードファンディングを提供することを目的としたY Combinatorを創立した。Y Combinatorは現在38のスタートアップ企業への投資を行っている。投資先の企業の中で最も良く知られている企業はredditlooptである。

脚注[編集]

  1. ^ 2009年に発行されたこの記事に44歳だと書かれている。
  2. ^ 彼のこのエッセイの中で1983年に19歳であったと書かれている。
  3. ^ http://news.ycombinator.com/item?id=324331

外部リンク[編集]