ポール・ギヨーム・ファルジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・ギヨーム・ファルジュ(Paul Guillaume Farges、1844年1912年)はフランス宣教師植物学者プラントハンターである。中国に派遣され、多くの植物を収集した。

生涯[編集]

タルヌ=エ=ガロンヌ県のMonclar-de-Quercyに生まれた。宣教師として1867年に中国に渡った。重慶で働いた。ジョン・マリー・デラベー(Jean Marie Delavay)やジャン・アンドレ・スーリエ(Jean André Soulié)とともにアジアの植物をパリ自然史博物館のために収集した。ファルジュは多くの新種を含む、4,000以上の植物標本を収集した。有名な種苗商、ヴィルモラン(Vilmorin)のために、種子を送った。

中国のタケの属であるFargesia(箭竹属)や、Abies fargesiiCorylus fargesiiDecaisnea fargesiiSalix fargesiiTorreya fargesiiなどの多くの植物の種の学名に献名されている。

参考文献[編集]