ポール・ウェラー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ウェラー
ポール・ウェラースタジオ・アルバム
リリース 1992年4月29日日本の旗
1992年9月イギリスの旗
ジャンル ロック
時間 53分36秒
レーベル ポニーキャニオン日本の旗[1]
Go! Discsイギリスの旗
プロデュース ポール・ウェラー
ブレンダン・リンチ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(イギリス)
  • 9位(日本)
ポール・ウェラー 年表
ポール・ウェラー
(1992年)
ワイルド・ウッド
(1993年)
テンプレートを表示

ポール・ウェラー(Paul Weller)は、ポール・ウェラー1992年に発表した、初のソロ・アルバム。

解説[編集]

スタイル・カウンシル解散後、ポールはポール・ウェラー・ムーヴメントというソロ・プロジェクトを開始し、1990年11月にツアーを開始。その後、メンバーの変遷を経て、1991年に自主制作によるシングル「イントゥ・トゥモロウ」発表。そして、1992年4月、本作を日本で先行発売。

本国イギリスでは、「Go! Discs」との契約を得て、同年9月に発表。曲順や収録曲は日本盤と異なる(後述)。アルバムは全英8位に達し、シングル「UH HUH OH YEH」は全英18位、「アバヴ・ザ・クラウズ」は全英47位。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はポール・ウェラー作。

  1. UH HUH OH YEH - "Uh Huh Oh Yeh" - 3:13
  2. アイ・ディドゥント・ミーン・トゥ・ハート・ユー - "I Didn't Mean to Hurt You" - 3:27
  3. ブル・ラッシュ - "Bull-Rush" - 4:43
  4. ラウンド・アンド・ラウンド - "Round And Round" - 4:25
  5. リメンバー・ハウ・ウィ・スターテッド - "Remember How We Started" - 3:44
  6. アバヴ・ザ・クラウズ - "Above the Clouds" - 4:13
  7. クルーズ - "Clues" - 4:24
  8. イントゥ・トゥモロウ - "Into Tomorrow" - 3:07
  9. アマングスト・バタフライズ - "Amongst Butterflies" - 3:13
  10. ストレンジ・ミュージアム - "The Strange Museum" (Paul Weller, Mick Talbot) - 3:17
  11. ビタネス・ライジング - "Bitterness Rising" - 3:53
  12. コスモス - "Kosmos" - 11:57

日本盤CD (ポニーキャニオン:PCCY-00337)[編集]

曲順が異なる他、イギリス盤には未収録の「ニュー・シング」(シングル「イントゥ・トゥモロウ」のカップリング曲「Here's a New Thing」を改作したもの)が収録され、「ストレンジ・ミュージアム」は収録されていない[2]。ポニーキャニオン盤は現在は廃盤で、ユニバーサルミュージックから発売された再発CDは、イギリス盤に準じている。

  1. UH HUH OH YEH - "Uh Huh Oh Yeh"
  2. アイ・ディドント・ミーン・トゥ・ハート・ユー - "I Didn't Mean to Hurt You"
  3. ブル・ラッシュ - "Bull-Rush"
  4. リメンバー・ハウ・ウィ・スターテッド - "Remember How We Started"
  5. アバヴ・ザ・クラウズ - "Above the Clouds"
  6. ラウンド・アンド・ラウンド - "Round And Round"
  7. クルーズ - "Clues"
  8. イントゥ・トゥモロウ - "Into Tomorrow"
  9. アマングスト・バタフライズ - "Amongst Butterflies"
  10. ビタネス・ライジング - "Bitterness Rising"
  11. ニュー・シング - "New Thing"
  12. コスモス - "Kosmos"

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後に、ポールのGo! Discsからの作品はアイランド・レコードがディストリビューションを担当することになったため、日本での発売権はユニバーサルミュージックに移った
  2. ^ CDJournal.com - 日本初回盤CDの情報