ポーランド語アルファベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポーランド語アルファベットは、ポーランド語を書き表すために使われる字母で、ラテンアルファベットを基本とする32文字からなる。補助記号を用いた文字が9種類ある。なお、Q q , V v , X x は外来語にしか用いない。

文字と読み[編集]

大文字 小文字 文字の名前 音価 備考
A a a ア /a/
Ą ą ą オン /ɔ̃/ o の鼻母音。語頭には来ない。
B b be ベ /b/
C c ce ツェ /ts/ 「ツァ」「ツェ」「ツォ」の音。
Ć ć cie チェ // 日本語の「チャ」などの音。
D d de デ /d/
E e e エ /ɛ/
Ę ę ę エン /ɛ̃/ e の鼻母音。語頭には来ない。
F f ef エフ /f/
G g gie ギェ /g/
H h ha ハ /x/ 喉の奥から強く息を出す「ハ」音。
I i i イ /i/
J j jot ヨット /j/ 英young の y の音。
K k ka カ /k/
L l el エル /l/
Ł ł eł エウ /w/ 英water の w の音。
M m em エム /m/
N n en エヌ /n/
Ń ń eń エィン /ɲ/ 日本語の「ニャ」音。語頭には来ない。
O o o オ /ɔ/
Ó ó o kreskowane オ・クレスコヴァネ /u/ u とまったく同じ音。
P p pe ペ /p/
R r er エル /r/ 巻き舌音。
S s es エス /s/
Ś ś eś エシ /ɕ/ 日本語の「シャ」「シ」「シュ」音。
T t te テ /t/
U u u ウ /u/
W w w ヴ /v/ 英volley の v 音。
Y y i grek イ・グレク /ɨ/ 「イ」と「ウ」の中間のような音。ロシア語のыの発音に同じ。
Z z zet ゼット /z/
Ź ź ziet ジェット /ʑ/ 日本語の「ジャ」音。
Ż ż żet ジェット /ʐ/ /ʒ/に似ているが、舌先をより歯茎の奥に持っていって発音する。

母音[編集]

  • ą は、舌を動かさずに「おん」のように発音する。歴史的には文字が表すようにaの鼻母音(ただしややo寄りの音)であった。時代が下るにつれて次第にo に対応する鼻母音となっていったが、文字はoに˛(オゴネク)の付いた形とならずそのままの形ąを保ったため、文字と音価がずれてしまった。
  • ę は、「円」のように発音する。
  • y は、「イ」の口構えで「ウ」または「エ」を発音するような音である。ty や my ならば、t、m を発音するときの調音点を動かさずに「イ」を発音すればよい。「ティ」、「ムィ」であり、「チ」や「ミ」ではない。

子音[編集]

2文字で1音を表すもの

  • ch [x] は h と同じ音。
  • dz [dz] は c に対応する有声子音。「ヅァ」「ヅェ」「ヅォ」の音。
  • [] は ć に対応する有声子音。「ヂャ」「ヂュ」「ヂョ」の音。
  • sz [ʂ] は ż に対応する無声子音。舌先を奥に持ち上げて発音する、ややくぐもった「シャ」。
  • rz [ʐ] は ż と同じ音。
  • cz [] は、sz と同じようにして発音するややくぐもった「チャ」音。
  • dż [] は cz に対応する有声子音。
  • q、v、xはそれぞれ、ku、fau、iksと読む。[1]

ダイアクリティカルマーク[編集]

オゴネク[編集]

オゴネク (˛) は鼻音性をあらわす。

Ą ą , Ę ę

クレスカ[編集]

クレスカ (´) は軟音性を表す。

  • Ć ć, Ń ń, Ś ś, Ź ź

ただし Ł は硬音であり、対応する軟音は L である。

  • Ł ł

なお、Óó に付いているクレスカは、かつて「音の狭さ」を表していたものの名残である。

  • Ó ó

クロプカ[編集]

クロプカ (˙) は歯茎音性を表す。

  • Ż ż

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.omniglot.com/writing/polish.htm