ポートレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポートレット: Portlet)とは、ウェブポータルで管理・表示される着脱可能なユーザインタフェースコンポーネントである。ポートレットはマークアップコードの断片を生成し、それがポータルページに集められる。典型的には、ポータルページは互いにオーバーラップしないポートレットウィンドウの集合体を表示するもので、各ポートレットウィンドウはポートレットを表示する。したがってポートレット(あるいはポートレット群)はポータルにホスティングされたウェブアプリケーションとでも言うべきものである。ポートレット・アプリケーションの例としては、電子メール天気レポート、議論フォーラムニュースなどがある。

ポートレットの標準規格により、ソフトウェア開発者はその規格をサポートする任意のポータル向けにポートレットを開発できる。

規格[編集]

Web Services for Remote Portlets英語版 (WSRP) プロトコルは、異種のソースからリモートで動作するポートレットのプラグアンドプレイを可能にするWebサービス標準を提供することを目的とする。ページの一部をON/OFFしたり、機能を追加・削除するなどして、登録ユーザーがウェブサイトの見た目をパーソナライズできるようにしたサイトは多い。これは一般にポータルを「ポートレット」群で構成しているために可能となっている。

Java Portlet Specification(JSR168、JSR286)は、異なるポータルサイト間のポートレットの相互運用を可能にするものである。この仕様は、ポートレット・コンテナとポートレットの間のAPIセットを定義し、ポートレットをパーソナライゼーションプレゼンテーションセキュリティに対応させる。

JSR168 のリファレンス実装として Apache Pluto がある。それ以外にもいくつかのベンダーがポートレット・コンテナの商用実装を提供している。主なベンダーとしては、IBMオラクルBEAシステムズサン・マイクロシステムズ、Vignette Corporation などがある。これらベンダーは標準に基づいた実装だけでなく、まだ標準化されていない拡張も行っている。さらに、オープンソースで JSR168 をサポートしたものとして、ApacheJetspeed-2 Enterprise PortaleXo PlatformLiferay Portal などがある。

外部リンク[編集]