ポーシャ・シンプソン=ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーシャ・シンプソン=ミラー
Portia Simpson-Miller
Portia Miller Shoot.Jpeg
生年月日 1945年12月12日(68歳)
出生地 Flag of Jamaica (1906-1957).svg ジャマイカウッドホール
出身校 ユニオン・インスティテュート&大学
所属政党 人民国家党
配偶者 エラルド・ミラー

任期 2006年5月30日 - 2007年9月11日
元首 エリザベス2世

任期 2012年1月5日 -
元首 エリザベス2世

任期 2006年3月30日 -
前任者 P・J・パターソン
テンプレートを表示

ポーシャ・ルクレティア・シンプソン=ミラー英語: Portia Lucretia Simpson-Miller, 1945年12月12日 - )は、ジャマイカの政治家。現在、同国首相(2期目)。同国初の女性首相である。

2006年5月29日オーダー・ザ・ネーション(ジャマイカにおける名誉顕彰)に推され、夫とともに最高栄誉表彰を授与された[1]

2007年9月11日に首相を退任、ジャマイカ労働党ブルース・ゴールディングが後継となった。

2011年12月29日に行われた総選挙で勝利し、2012年1月5日に再び首相に就任した[2]。また、翌1月6日の就任演説で「私は女王を愛しており、女王は素晴らしい人物だ。しかし、独立の手続きを完成させる時が来た」と述べ、ジャマイカ独立50周年を機としたジャマイカの英連邦王国離脱、立憲君主制から共和制への政体移行を宣言した[3][4]

出典[編集]