ポンパレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポンパレは、株式会社リクルートライフスタイルが運営する共同購入型クーポンサイトである。2010年7月にサービス開始をした。元々の名称は「ポンパレード」だったが、2010年10月に改名。

概要[編集]

購入者が一定数に達成すると、割引のチケットを購入できるというサイト。飲食店にとっては、現金が先に入る、広告として一定の客が呼べる、などのメリットがあり、ユーザーにとっては、飲食が割引になる、安く物品を購入できる、というメリットがある。

参入の背景[編集]

米国で流行していた共同購入型クーポンサイトの流れは、2010年2月に、Pikuが、2010年5月にKAUPONがリリースされたことで、日本国内で競争が激化した。その後の数カ月で、100社が業界に参入していくという異常事態とも言える状況になった。

その中、主に求人媒体や飲食店から広告費をもらい、情報誌、またはWebサイトにまとめることで収益をあげていたリクルート社が参入し、作ったのが本サイトである。

フラッシュマーケティング業界では、主に店舗への営業と、チケットを購入するユーザーの数が競争力となり、各サイトの独自性での勝負がしにくいとされている。そこで、媒体を大量に持ち、日本有数のクライアント接点を持ち、資金力が豊富な「リクルート社」が参入を決めたとされている。

業界シェア[編集]

2012年9月のクーポンの月間販売総額は14億5094万7685円で、日本のフラッシュマーケティング市場ではグルーポン・ジャパン(推定10億6568万6415円 ~16億3836万0365円)とトップを争う形になっている。この両社は3位以下の企業を大きく引き離しており、現在のフラッシュマーケティング業界では「2強」と呼ばれることが多い[1]

広告・バナーなどの話題[編集]

「この旅館高かったでしょ」と温泉にいる女性の写真のバナーが一時期、Adsenseなどのアドネットワークを通じて大量に出稿された。多くのサイトで表示されたため、「あのバナーの女性は誰だ」という話題から、そのバナーに似せたものが出現するなど、一部で話題になった。

また、2010年11月から始まったテレビCMでは、野沢雅子がナレーションを担当し、テンゲン・ガリ中島藤岡みなみダンディ坂野などが出演したことも大量にテレビCMを打ったことで話題になった。[2]

主な炎上[編集]

ポンパレは、リリースから様々な問題が起こっていた。

割引チケットが割り引かれていない疑惑[編集]

リリース初日で東京オーシャンカシータという店の割引チケットを発表したが、「ディナーコース+フルーツプレート+オリジナルな演出(要相談)1万円相当を5000円で!」と表記しているにもかかわらず、自店舗WebサイトでAコース4800円の内容があり、Twitter上で炎上騒ぎとなった[3]

成立数を過度に超えて設定することによるトラブル[編集]

2010年11月5日に「ハーゲンダッツアイスクリームギフト券ミニカップ2個、通常660円が100円」というチケットを100万枚発行したが、取引成立のための最低枚数を2週間で50万枚という、通常のチケット販売量からはありえない数字を設定し「取引不成立が前提の状態で、宣伝目的でやっているのではないか」と炎上した。これに対し、2010年11月10日に、ポンパレは取引不成立の見通しが高まってきたとして、その時点の購買枚数(12万枚程度)で取引成立と発表した。最終的には約36万枚購入され期日を迎えた[4]

ボンカレー大量発注によるシステムトラブル[編集]

2010年11月22日、また2010年12月3日には、予想以上の同時注文があり決済システムの限界を超えたために、立て続けに障害が起こった。中でも、12月3日「ボンカレーゴールド21中辛(10箱セット)」の販売については見送られた。[5]決済ができなかったのはクレジットカードのみだったが、トップページに「ただいま、アクセス集中のため、決済システムが停止しています。ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちください。」と表記したことで、一部ユーザーのみが購入できるという事態になり、不公平だという批判が多く寄せられた。これは、購入できる人数が限定されているチケットサイトの前提である「早いもの勝ち」のシステムにもかかわらず、一部ユーザーのみが購入できたことが原因である。[6]

販売後にチケットを撤回[編集]

2011年2月13日には、「仙台で人気のプリン専門店『プリン家』全国700個のプリンを食べ続けたプリン好きオーナーが3,100回以上改良を重ねて生まれたぷりん家のぷりん6個セット2,900円が1,450円で!」というチケットが商品発送を3月1日(火)までの予定だったが、店舗側が想定外の申込数に対応できず、チケットをすべてキャンセルをして批判が集まった[7]

脚注[編集]

  1. ^ 共同購入クーポンサイト市場動向 (2012年9月)
  2. ^ 『ポンパレ~』のCMで問い合わせ殺到のあの子はパンダマニア? Web De-View
  3. ^ リクルートのクーポン共同購入「ポンパレード」、初日の出品から炎上騒ぎ:日経ビジネスオンライン
  4. ^ クーポン共同購入サイト盛況も「ポンパレ祭り」で大誤算の顛末 50万人集まらず - BIGLOBEマネー
  5. ^ 12/3の決済システム障害に関するお詫びと経緯のご報告 | リクルートの割引チケット購入サイト ポンパレ
  6. ^ ボンカレー事件を二度までも起こしたポンパレの『申し開き』: たいにー・すちゃらかのーと
  7. ^ 2/13~14掲載「ぷりん家」配送中止のお詫びとご連絡 | リクルートの割引チケット購入サイト ポンパレ

外部リンク[編集]