ポルヴォー議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル1世によって開かれたポルヴォー議会

ポルヴォー議会(フィンランド語:Porvoon maapäivät スウェーデン語:Borgå landtdag)は1809年フィンランド大公国を建国するために招集された、スウェーデン身分制議会の力を継承した立法議会。議会は1809年の2月から7月の間に開催された。

ポルヴォー議会[編集]

第二次ロシア・スウェーデン戦争の間、ロシア帝国の占領したフィンランドでは、新しいフィンランド大公となったロシア皇帝アレクサンドル1世によって1809年の5月25日から7月19日の間、四階級の身分制会議がポルヴォーに招集された。ポルヴォーでの主要な催しは就任宣誓と5月29日のポルヴォー大聖堂での身分制会議の宣誓であった。それぞれの階級制会議は忠誠の誓いを宣誓し、皇帝を真の権威としてのフィンランド大公として許可し、国体と政府の形を変えずに保つためにために彼ら自身をゆだねた。

アレクサンドル1世は、法によって自身がフィンランドを統治すると約束した。[1]これは本質的に皇帝がフィンランドの憲法として1772年のスウェーデンの政府法文書を認可したことを意味しており、また既存の法と国家の尊重を意味すると解釈されている。第二次露瑞戦争の後、フィンランドがスウェーデンから切り離されることを結論付けた後に、再び必要とされ、会議が召集された。同年9月17日、この戦いはフレデリクスハムンの和約によって終結し、ポルヴォー議会は解散した。

フィンランド語によるアレクサンドル1世の就任宣言

閉会に当たってアレクサンドル1世は"高貴で尊い人々は、現在の国家の状況を決定した神意を祝福しなければならない。今から、国と国との間に昇格され、国は法によって守られ、その古い政府は平和によって帰された友好関係を発展させるためだけに思い出されるであろう。"と述べた。

フィンランドの階級会議が再び召集されるのは50年後であった。


評価[編集]

19世紀後期にフィンランドの国家主義が勃興すると、国粋派は議会は言外にフィンランドとロシアの間に国家間の条約を締結したのだと主張するようになった。ヘルシンキ大学名誉教授のオスモ・ユッシラによると、アレクサンドル1世がフィンランドとロシアは国家間の状態に引き上げられたと言ったことは真実であるが、対等関係での条約の主張は単に独立戦略の政治的事実への言い訳であり嘘であるとしている。


名称[編集]

フィンランド語においては19世紀半ばに議会に当たるvaltiopäivätという単語が導入され、Porvoon valtiopäivätとも呼ぶようになったが、歴史的にはポルヴォー議会を呼ぶ呼称としては正しくない。スウェーデン語におけるフィンランド議会のための呼称は19世紀までlandtdagであり1919年にriksdag(リクスダーグ)に変更された。

脚注[編集]

  1. ^ History of the Finnish Parliament”. エドゥスクンタ. 2010年12月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]