ポルフィリオ・ロボ・ソサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルフィリオ・ロボ・ソサ
Porfirio Lobo Sosa
Pepe Lobo 2010-01-27.jpg

ホンジュラスの旗 ホンジュラス
第190代大統領
任期 2010年1月27日2014年1月27日

出生 1947年12月22日
ホンジュラスの旗 トルヒーリョ
政党 国民党
配偶者 ロサ・エレーナ・デ・ロボ

ポルフィリオ・ロボ・ソサ西: Porfirio Lobo Sosa1947年12月22日 - )は、ホンジュラス政治家。元ホンジュラス国会議長。2009年11月30日の大統領選挙で当選し、2010年から2014年まで第190代大統領を務めた[1]

経歴[編集]

コロン県トルヒーリョに生まれ、オランチョ県フティカルパ近郊で育つ。父は1957年にホンジュラス国会副議長を務め、オランチョ県では知られた政治家であった。フティカルパのカトリック学校を出た後、テグシガルパのサンフランシスコ学院と、その後アメリカ合衆国マイアミ大学に進学。経営学部を卒業後、ホンジュラスに帰国し家業のアグリビジネスを手伝いながらフティカルパの学校で政治経済学と英語を11年間教える。ロシアモスクワパトリス・ルムンバ名称民族友好大学から博士号を授与されている。テコンドーでは黒帯を保持。

19歳でオランチョ県にて政治家のキャリアを開始。31年間オランチョ国民党の青年部、フティカルパ現地委員会、オランチョ県委員会に所属。

1990年に国会議員に選出され、ホンジュラス国民党に入党。1994年まで林業開発公社を担当。2002年から2006年まで党首、及びホンジュラス国会議長を務める。愛称は「ペペ・ロボ」。2005年の大統領選挙ではマヌエル・セラヤに46%の得票、次点で敗北。2009年の大統領選挙で当選し、2010年1月27日にロボ政権が発足した。

脚注[編集]

  1. ^ Rory Carroll in Tegucigalpa (2009年11月30日). “Honduras elects Porfirio Lobo as new president”. London: Guardian. http://www.guardian.co.uk/world/2009/nov/30/honduras-lobo-president 2010年10月19日閲覧。 
先代:
ロベルト・ミチェレッティ
ホンジュラス大統領
2010年 - 2014年
次代:
フアン・オルランド・エルナンデス