ポルノ☆スターへの道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルノ☆スターへの道
Bucky Larson: Born to Be a Star
監督 トム・ブラディ
脚本 アダム・サンドラー
ニック・スウォードソン
アレン・コヴァート
製作 バリー・ベルナルディ
アダム・サンドラー
アレン・コヴァート
デヴィッド・ドーフマン
ジャック・ジャラプト
出演者 ニック・スウォードソン
クリスティーナ・リッチ
ドン・ジョンソン
スティーヴン・ドーフ
音楽 ワディ・ワクテル
撮影 マイケル・バレット
編集 ジェイソン・ガーソン
製作会社 ハッピー・マディソン・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年9月9日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1000万ドル以下[1]
興行収入 $2,529,395[2]
テンプレートを表示

ポルノ☆スターへの道』(Bucky Larson: Born to Be a Star)は、ハッピー・マディソン・プロダクションズ英語版製作、コロンビア映画製作による2011年のコメディ映画である。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

本作は批評家向けの事前試写無しで封切られた。Rotten Tomatoesでは35件のレビューすべてが不支持で、平均点は10点満点で1.6点となり [3]、2011年最低の数値となった[4]。またMetacriticでの加重平均値は13件のレビューで9/100であり[5]、2011年に拡大公開された映画の中で最低の数値となった[6]

第32回ゴールデンラズベリー賞では最低作品賞、最低男優賞(ニック・スウォードソン)、最低監督賞、最低脚本賞、最低スクリーンサンブル賞、最低続編・リメイク・盗作・前日譚賞(『ブギーナイツ』と『スタア誕生』の盗作扱い)の6部門でノミネートされたが、『ジャックとジル』が全部門を制覇したことにより受賞は免れた[7]

興行収入[編集]

公開初週末に140万ドルを売り上げて初登場15位となり、興行は失敗に終わった。2週後に劇場公開が終了し、累計興行収入は約250万ドルに終わった[8]

製作費は1000万ドル以下である[1]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]