ポリュビオスの暗号表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリュビオスの暗号表(または ポリュビオスの換字表、Polybius square または、Polybius checkerboard)は、古代ギリシア歴史家ポリュビオスによって発明された換字式暗号の一種である。

暗号化[編集]

最初に行われた文字がギリシア文字であったが、どんな文字にも転用可能である。例えば、アルファベット(以後、ラテン文字を指す)で見れば、

  1 2 3 4 5
1 A B C D E
2 F G H I K
3 L M N O P
4 Q R S T U
5 V W X Y Z

の、表を使い、例えば「AND」を暗号化するときは「11 33 14」とする。5×5のに入っていることから「square(正方形)」と付いているが、アルファベットでは、26文字であり、上の表においてもJが抜けている。このときは、暗号「24」をIとJのどちらかとし、文脈に拠る。しかし、これを避けて、6×5、5×6に拡張する場合もある。このような問題は、(発明者であるポリュビオスが使っていた)ギリシア文字は24文字であった点に起因する。なお、IとJを重ねて1つの升に入れる考え方は、例えばプレイフェア暗号でも使われている。

行や列を増やせば文字数の多い言語にも対応可能であり、アルファベット以外でも成り立つ。日本の「忍びいろは」や「字変四八」は、同様の暗号の例である。これらはポリュビオスとは別に、1000年以上後になって独自に発明された。

安全性[編集]

Aを11に変えるという作業は、単一換字式暗号と理論上は同じであるため(暗号化後が数字かアルファベットかの違い)、頻度分析で容易に解読することが出来る。しかし、その可塑性という面で、例えばADFGVX暗号では第一段階として使われている。つまり単体でみれば、平文を晒すことと同義のような暗号だが、様々な暗号に復号しやすいといったメリットにおいて、ある暗号方式の「一部」とすれば、現代でも使える技術である。

登場する作品[編集]

(発表年順)

五十音順。厳密に言えば他の暗号方法も混ざっている。頻度分析を使わずに解読するために工夫が施されている。乱歩曰く「暗号がただむずかしいばかりで、味もそっけもない。」(桃源社版『江戸川乱歩全集』の「あとがき」)
五十音順。

関連項目[編集]

参考文献[編集]