ポリプテルス・セネガルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポリプテルス・セネガルス
Polypterus senegalus senegalus.jpg
ポリプテルス・セネガルス
Polypterus senegalus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ポリプテルス目
Polypteriformes
: ポリプテルス科 Polypteridae
: ポリプテルス属 Polypterus
: ポリプテルス・セネガルス
P. senegalus
学名
Polypterus senegalus
Cuvier, 1829
英名
Gray bichir

ポリプテルス・セネガルス(学名:Polypterus senegalus)はポリプテルス目ポリプテルス科ポリプテルス属に分類される魚。

分布[編集]

セネガルガンビアチャドニジェールなど。

形態[編集]

野生では全長50cm程に達するが、飼育下では20-30cm程度で成長が止まってしまうことが多い。上顎よりも下顎の方がやや突出するか、上顎とほぼ同じ長さである。

亜種[編集]

  • Polypterus senegalus meridionalis Poll, 1941
  • Polypterus senegalus senegalus Cuvier, 1829

生態[編集]

河川の淀みや等に生息する。

食性は動物食で、昆虫類節足動物甲殻類魚類等を食べる。

繁殖形態は卵生。

人間との関係[編集]

観賞魚として飼育されることがあり、日本にも輸入されている。主に東南アジアで大量に養殖された基亜種の繁殖個体が流通する。野生個体の流通は稀。流通量は多く、時にデパートの屋上やホームセンター等で見かけることもある。価格が安価で丈夫かつ性質が温和なためポリプテルス飼育の入門種として紹介されることもあるが、大量養殖や近親交配の影響か虚弱な個体が流通することもある。アルビノや鰭が伸長する型(ロングフィン)等の品種も作出されている。

飼育方法[編集]

60cm水槽で飼育は可能だが、それ以上のサイズが望ましい。餌は生き餌や人工飼料などを偏らないように与える。

水温は26℃程度。中性で軟水の水を好む。

飛び出すことがあるので、蓋は隙間ができない様にする。

関連項目[編集]