ポメラペ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポメラペ山
Pomerape
Pomerape-from-parinacota-slopes.jpg
ポメラペ山と下の鞍部(南のパリナコータ山斜面から)
標高 6,282m (20,610ft)[1]
所在地
ポメラペ山の位置(チリ内)
ポメラペ山
ポメラペ山
ボリビア-チリ
山系 アンデス山脈
座標 南緯18度07分33秒 西経69度07分39秒 / 南緯18.12583度 西経69.12750度 / -18.12583; -69.12750座標: 南緯18度07分33秒 西経69度07分39秒 / 南緯18.12583度 西経69.12750度 / -18.12583; -69.12750
地質
種類 成層火山
地質時代 更新世
最新噴火 290 AD ± 300年
登山
最容易登山道 氷雪登山

ポメラペ山 (スペイン語: Volcán Pomerape) は、チリ北部とボリビアオルロ県、サハマ・プロビンシア)の境界にある成層火山である[2]。山は、南のパリナコータ山と共に、ネバドス・デ・パジャチャタ英語版火山帯の一部である。更新世火山である。

この火山の登山は、アルペン階級英語版AD、積雪/斜面でときどき50+となる。キャンプは、標高5,300メートル (17,390 ft)の、パリナコータ山とポメラペ山の間にある鞍部で設営することができる。ペニテンテ英語版(高い氷木)ができる季節には、登山が物理的に不可能になる。

関連項目[編集]

出典[編集]