ポパイの英語遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポパイの英語遊び
ジャンル 固定画面アクション
教育ソフトウェア
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1~2人
メディア FC:192Kbitカセット
発売日 FC:1983年11月22日
テンプレートを表示

ポパイの英語遊び』(ポパイのえいごあそび)は、1983年11月22日任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ(ファミコン)用ゲームソフトである。日本国内でのみ発売された。

概要[編集]

任天堂が当時試みていたゲームによる教育ソフトの1本。漫画『ポパイ』が原作で、同作のゲーム化であるファミリーコンピュータ版『ポパイ』のグラフィックを流用しており、似たアクションをこなしながら英単語を学ぶ形式になっている。

3種類のモードのうち1人用モードの「WORD PUZZLE A」は表示された日本語を表す英単語を入力する(使われている文字を指す。綴り順は問わない)もの。ゲームの基本ともいえる。

「WORD PUZZLE B」は、1人用で基本的には「~A」とルールは同じだが、ヒントとなる日本語が掲示されない。与えられた文字数だけで英単語を予想していかなければならない。

なお、AとBのパズルは「ANIMAL(生物)」「COUNTRY(国名)」「FOOD(食べ物」「SPORTS(スポーツ)」「SCIENCE(科学)」そして「OTHER(その他)」の6つのジャンルから選ぶことができる。中でもSCIENCEは元素名やPC用語、IC用語など、一般的でない英単語が多数登場する。

設問はA、Bとも全部で10問あり、1つお手つきする(使われていない文字を指してしまう)毎に得点は100点マイナスとなる。十回お手つきするとブルータスによってスウィーピー(赤ん坊)を落とされ、得点は得られない。満点は10000点であり、合計得点が8000点以上でないと、エンディングでブルータスによってハートを崩されてしまう。また、合計得点が5000点未満だと、ブルータスにオリーブを奪われてしまう。

「WORD CATCHER」は2人用でIコントローラはポパイ、IIコントローラはブルータスをそれぞれコントロール。次々と降ってくるアルファベットを集めて早く英単語を完成させた方が勝利となる対戦型ゲームである。落下するアルファベットはふわふわとして挙動が読みづらく、しかも誤った文字を取ると始めから集め直すことになるために、文字集めに駆け引きや戦略が要求される。

パッケージの中に、ゲーム内で登場する英単語が全て紹介された単語一覧が同梱されていた。

関連項目[編集]

  • ポパイ - 同じくポパイを題材としたゲーム。面構成は似ているがゲーム内容は異なる。
  • ハングマン - 「WORD PUZZLE B」とほぼ同様のルールを持つ言葉遊び。
  • ドンキーコングJR.の算数遊び - 本作に続いて登場した「楽しみながら勉強できる」ゲームの第2弾。