ポッシビリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポッシビリズム:Possibilism、可能主義)は、政治思想の分野では、社会主義の運動の1つである。

ポッシビリズムはフランスの社会主義運動の1つの潮流で、ポール・ブルスPaul Brousse)やBenoît Malonなどによって1882年に結党されたフランス社会主義労働者連盟の1つの精神である。

彼らは、重要な原則は「可能」(possible)なことのみと宣言し、革命ではないと主張した[1]

参照[編集]

  1. ^ http://www.marxists.org/glossary/orgs/p/o.htm

関連項目[編集]