ポケットバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポケットバイクレース

ポケットバイク(pocket bike)、通称ポケバイとは、1970年代に日本で誕生したミニチュアサイズのオートバイのことである。

概要[編集]

当時[いつ?]の商標登録上は、4インチサイズのホイールタイヤを装着し、ホイールベースは680mm以内のリジットフレーム構造のバイクとして定義されていた。この規格に基づいてポケットバイクのレースが行われているが、現在は将来のステップアップを見据えてサイズが拡大された車体によるレースも行われている。

小さな車体は子どもでも容易に扱うことができ、日本でキッズモータースポーツの入門カテゴリーとしてブームとなった。全国で多くのポケットバイクレースが行われるようになり、その中からロードレースのワールドチャンピオンが多く誕生した。ポケットバイク出身のGPライダーとしては、青木宣篤青木拓磨青木治親青木三兄弟青山周平青山博一の青山兄弟、宇川徹加藤大治郎小山知良高橋裕紀中野真矢原田哲也松戸直樹などが有名である。これにより近年はヨーロッパやアメリカなど世界にも広がった。

なおポケットバイクは道路運送車両法の保安基準をみたしていないため、公道上での走行はできない。

主なメーカー[編集]

オフロードタイプのポケットバイク
  • フキ・プランニング(日本)
  • 日本ライフ社(日本)
  • デルタ・エンタープライズ(日本)
  • GRCmoto(イタリア)
  • Polini motori(イタリア)
  • Blata(チェコ)

関連項目[編集]