ティッシュペーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポケットティッシュから転送)
移動: 案内検索
ボックスティッシュとポケットティッシュ

ティッシュペーパーtissue paper)とは、薄く柔らかいのうち、難水溶性の日用品(衛生用品)である。ティッシュまたはティシューまたはテッシュとも略される。ティッシュとは「織物」のことで、金糸を布のように織ったものを「ゴールドティッシュ」と呼び、それを重ねるときに間にはさみ込む薄い紙を「ティッシュペーパー」といったことに由来する。

英語では “facial tissue” という。代表的な商標を用いて “Kleenex” と言われることも多い。“tissue paper” というと、包装トレーシングに用いる半透明の薄い紙(薄葉紙(うすようし))のことを指す。

なお、日本では「ティシュペーパー及びトイレットペーパー」として家庭用品品質表示法の適用対象とされており雑貨工業品品質表示規程に定めがある[1]

特徴[編集]

特売商品としてディスカウントショップの店頭に並ぶボックスティッシュ
鉄道駅に置かれた「水に流せるタイプ」を扱う自動販売機(右)

大きさはおおむね20cm四方で、1枚あたりが薄く柔らかく作られた紙である。主に鼻をかんだり化粧をぬぐうなどで使われる。柔軟性に富み素材としても柔らかいため、美術品・工芸品などの小物の包装に使われる場合もあるなど、日用品であることから様々に利用されている。一般的には水に浸しても紙全般のようにほぐれないような加工が施されており、トイレに流さないようにという注意書きがあるが、外出中にトイレでも使えるように、水に溶けることをパッケージなどに謳う製品もみられる。

ほとんどが2枚一組になっているのは、1枚ずつの製造では薄さのために機械での大量生産が困難になり、また、2枚分の厚さのティッシュでは柔らかさが失われてしまうからである[2]。また、紙にはざらざらな裏面と肌触りの良い表面があり、2枚の紙の裏面を合わせ表面を外に出すことで、どちらの面も肌触りを良くしている[3]

概ね柔らかく皮膚を拭くのに適しているが、販売促進用として街頭配布されるものの中には質が劣るものがあり、そのようなものは連続して使用するに適さない。一般的な性質のティッシュでも花粉症などで鼻水が頻繁に出るような場合に使いすぎると、鼻の下の皮膚が荒れてしまうため、一般品よりさらに柔らかいものや保湿成分を含ませたものなど高級品も用意されている。

製品によって差別化戦略的な意味合いから様々な機能性を持たせている製品も多く、前述の柔らかさを追求した製品や肌辺りがよい製品のほか、香りや模様といった付加価値を追加した製品も少なくない。

色は純白あるいはそれに近い色であることが一般的だが、薄く着色されているもの、おみくじなどが表面に印刷されているものもある。

トイレットペーパーとの特徴の違いであるが、トイレットペーパーは、ティッシュペーパーよりパルプ繊維の品質が不安定な紙であることが多く湿潤紙力増強剤を添加していないなどの理由もあってに浸すと繊維がほぐれ分解し易い。対してティッシュペーパーは、水に浸しても簡単にはほぐれないようになっているため、便器を詰まらせる危険がある。このため製品のパッケージにもトイレで使用できない旨が但し書きとして添えられている。

なお「水に溶けにくい(ほぐれにくい)」という性質はあるが、洗濯機など水流を利用した強い力で揉み解すことを繰り返すと、流石に千切れてばらばらになる。しかしそれでも、トイレットペーパーが見た目では白濁した水溶液(正しくは水中をパルプの繊維が漂っている状態)になるところを、難水溶性であるティッシュペーパーでは断片が目に見えて残る。こと洗濯機で誤って洗濯物と一緒に洗ってしまった場合は、この断片が洗濯物に絡みつくこともある。製品の程度によって「どの程度強いか」はまちまちであるため一概にどの程度の断片になるかは違う。

名称[編集]

業界では発祥のアメリカにならい、「ティシュー」と呼称することが定着しており[4]、ほぼすべての商品パッケージにも「ティシュ(ー)(ペーパー)」と書かれているが、実際にはこの記事のタイトルのように「ティッシュ(ペーパー)」と呼ばれることがほとんどである。

生産と消費[編集]

原料は主に木材から得られるパルプではあるが、トイレットペーパーでは主体となる古紙を主原料とする製品は少ない。これは衛生用品であることから清潔感のある純白ないしむらの無い製品が好まれるところに負うところが大きいが、その一方で古紙はパルプの繊維が品質的に安定せず、一様に薄いティッシュペーパーに加工しにくいといった事情もある。ただし牛乳パックなど比較的品質が安定している古紙を使う製品も見られる。

こうして作る薄紙に難水溶性の性質を持たせるために、湿潤紙力増強剤と呼ばれる薬品を加えて加工し、この薬品が紙繊維同士を強固に接着することで薄くても一定の強さを持ち、また柔軟なものに仕上がる。

ティッシュペーパーはちり紙と使用目的がほぼ重なる事から、ティッシュペーパーをちり紙と呼ぶ例があるが、ちり紙は和紙の低級品であり、パルプから作られるティッシュペーパーとは別物である。

発売当時は高価なことから、従来のちり紙と併用していたが、その後日本では生活にすっかり定着し、スーパーマーケットドラッグストアなどでは客寄せ特売品とされることもあるなど、安価な商品として利用されている。ちなみに年間消費量は、日本は1人あたり約4.5キロで世界一である[要出典]

形態[編集]

ボックスティッシュ[編集]

Scallopcrochet.jpg

一般に2枚組で、30×13×6cmほどの大きさの箱に200組400枚入っているのが標準であるが、紙価格の値上がりに伴い量販店などでは120組240枚~180組360枚等に内容量を減らして一箱あたりの単価を上げないようにしている製品が多く見られる。箱から1組ずつ取り出しやすくなっているのがボックスティッシュの最大の特徴である。当初は箱上部中央に開けた穴から取り出しやすいよう中央に開きがある観音折りであった。近年のものは重ね方を工夫し、1枚引けば次の組の一部が穴から飛び出すようになっているもの(ポップアップ)が一般的である。また、埃が箱に入るのを防ぐためとして、穴に薄いビニールを張った物が多い。最近では環境に配慮し、ビニールではなく箱部分と同様の紙を使用している物もある。また、小型の箱(12×7×4cm程度)に入って提供される場合がある。このサイズはホテルなどの消耗品として使われることが多く、また景品や販売促進用として提供されることもある。

なお、ボックスティッシュは残りの枚数が少なくなると取り出しにくくなるため、底部を押し上げるためのミシン目が入っている製品も多い。また、安定性を高めるためティッシュホルダーなどの専用の箱に収めたり、磁石を利用して鉄板部分(冷蔵庫や事務机など)にくっつける器具を使用することも多い。

ポケットティッシュ[編集]

Mouchoirs comparés.jpg

携帯用のもので、小さなビニール袋の中に10枚程度のティッシュが入っている。日本中に広まったきっかけとして、1970年富士銀行(現・みずほ銀行)が口座開設の粗品として20万個配布したことを挙げる説がある[5]1968年高知県の製紙加工会社が考案し[6]、それまでに宣伝用に配られていたマッチに代わり誕生したとされる。[7]

キオスクなどで販売されるものもあるが、ゲリラ・マーケティングの一種として、街頭や店頭等で販売促進用等として配布されたりすること(ティッシュ配り)も多い。ポケットティッシュを広告のために配布する行為は日本ではごく一般的な光景だが、日本国外ではほとんどの地域で見られない[8]

なお、近年は不況による経費削減の影響で、販売促進用のポケットティッシュの枚数が減っているとの調査もある[9]

ハンカチと共に子供に持たせて通園・通学させている地域や家庭もあるが、一般的なポケットティッシュは摩擦の関係でビニールの包みが滑り、衣服のポケット(特に浅くてルーズな仕様の場合)から落ちやすいという声もある。その打開策として布製のケースに入れ替える方法を取っている場合もある。

歴史[編集]

  • 第一次世界大戦中、脱脂綿の代用品として開発された。さらに吸収力を高めたものをガスマスクのフィルターとしても使用した。
  • 1924年 - 先の第一次大戦が終了した後、ティッシュペーパーは過剰に在庫が余っており、アメリカのキンバリー・クラーク社がメイク落とし用として「クリネックスティシュー」を発売。以降アメリカではティッシュペーパー=クリネックスという名前が定着した。
  • 1953年昭和28年) - 日本においてもティッシュペーパーが発売される。
  • 1963年昭和38年) - 山陽スコット(現:日本製紙クレシア)が「スコッティ・トイレットティシュー75m」を発売。クリネックスよりもやや安価で、広く出回る。
  • 1964年昭和39年) - 日本初の箱入りティッシュが発売される。

関連する製品[編集]

  • ウェットティッシュ - 拭き取り効果を高めるため、湿らせた状態としたティッシュ。プラスチックなどの密閉容器に入っている。消毒剤などが配合されている場合もある。ただしティッシュペーパーが木材パルプを原料とするところを、ウェットティッシュでは合成繊維の不織布が一般的である。
  • おしりふき - 乳幼児のおむつ交換時にお尻を拭くためのもので、さらに拭き取り効果を高め、衛生のために殺菌剤を配合したり、また悪臭を和らげるために香料を加えたりしたもの。用途上、トイレに流せるように作られているものがほとんどである。
  • ちり紙 - 役割はほぼティッシュと同じであるが、トイレで使用することもある。ティッシュが普及する前はこちらが一般的であったが、水に浸すと簡単に破けるほか、古紙を原料としているため紙の質は不安定である。古紙再生の技術が向上して以降にトイレットペーパーにその役割を譲っている。
  • トイレットペーパー - 排泄に際して利用される紙。特に水洗トイレで使用することから、水に浸すと極めてほぐれやすくなる性質が強い(後述)。高度経済成長期以降の日本ではロール状となっているのが一般的だが、世界的に見ると前述のちり紙との境界があいまいなものを使っている地域もある。

出典[編集]

関連項目[編集]