ポイズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポイズン
Poison
2006年ニュージャージー州でのライブ}
2006年ニュージャージー州でのライブ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア
ジャンル グラムメタル
活動期間 1983年 - 現在
レーベル キャピトル・レコード
公式サイト POISONWEB.com
メンバー
ブレット・マイケルズ(Vo)
C・C・デヴィル(G)
ボビー・ダル(B)
リッキー・ロケット(Dr)
旧メンバー
マット・スミス(G)
リッチー・コッツェン(G)
ブルース・サラセノ(G)

ポイズンは、1980年代中期から後期にかけて人気を博したロックバンド。初期は化粧をした派手なルックスで注目を浴びた。ポップでキャッチーな判りやすいメロディーで全世界的に成功を収め、2500万枚のCDセールスを記録。現在も活動を続けている。

歴史[編集]

結成からデビューまで[編集]

1983年夏にペンシルベニア州ハリスバーグでリッキー・ロケットとブレット・マイケルズにより結成。POISONと名乗る前はPARISというバンド名だった。当初のメンバーはブレット・マイケルズ、ボビー・ダル、リッキー・ロケット、マット・スミス。翌1984年3月にバンドはロサンゼルスに移動し、いわゆるLAメタルのバンドとして活動を開始する。LAのクラブに積極的に出演。バンド名がポイズンとなったのもロサンゼルス移動後である。

1985年3月23日ギタリスト C・C・デヴィル加入。そしてエニグマ・レコードと契約。1986年5月16日にデビューアルバム『ルック・ホワット・ザ・キャット・ドラグド・イン』を発表。(配給はキャピトルレコード)全米チャートで3位の成功を収める。

セカンドアルバムの大成功[編集]

1988年にバンドはセカンドアルバム『オープンアップ・アンド・セイ・アー』を発表。シングル「エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン」が全米NO.1を獲得している。アルバムも全世界で800万枚を売り上げる大成功となった。この時期、バンドはデイヴィッド・リー・ロスの前座としてツアーを行っている。

内紛劇とギタリスト交替[編集]

1990年、バンドは3枚目のアルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」を発表。全米チャート2位の大ヒットとなる。またバンドはこの年のドニントンモンスターズ・オブ・ロックにも出演。続いてウォレントとのジョイント・ツアーを行った。

1991年11月、初のライヴアルバム『スワロゥ・ディス・ライヴ』を発表。しかしこの頃、ギタリストのデヴィルは麻薬問題を抱えるようになり、シンガーのマイケルズとの乱闘なども発生。やがてデヴィルはバンドを解雇され、後任ギタリストにはリッチー・コッツェンが迎えられた。

1993年、バンドは4枚目のスタジオアルバム『ネイティヴ・タン』を発表。アルバムセールスは全世界で100万枚とまずまずのものであったが、以前の大成功には及ばないものであった。やがてコッツェンがリッキー・ロケットの恋人を奪うという事件が発生し、コッツェンもまたバンドを解雇されることとなった。後任のギタリストはブルース・サラセノである。

マイケルズの交通事故[編集]

バンドは新作のレコーディングに入ったが、1994年5月にマイケルズがフェラーリを運転中、交通事故で負傷。(鼻、肋骨、顎、指を骨折。歯を4本折る重傷)彼の療養の為にレコーディングは中断された。一方、音楽の流行も80年代のようなヘヴィメタルからグランジへと移り変わっており、マイケルズの復帰後、新作の制作は暗礁に乗り上げてしまう。結局バンドは1996年にベストアルバムを発売し、その中に数曲の新曲を入れるという妥協策を採ることになった。

デヴィルの復帰[編集]

1999年、マイケルズとデヴィルの和解によりデヴィルがギタリストとしてバンドに復帰。その後行われたアメリカツアーは大成功となり、バンドは新作のレコーディングに取り組んだ。5枚目のスタジオアルバムとなる『クラック・ア・スマイル』は2000年に発表された。

さらに2002年には6枚目のスタジオアルバム『ホリーワイアード』を発表。

2005年にはセカンドアルバム収録の「NOTHING BUT A GOOD TIME」が映画『Mr.&Mrs. スミス』(出演:ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリー)のサントラに使われた。

2009年には、チープ・トリックデフ・レパードと共に全米ツアーをおこなった。

メンバー[編集]

ブレット・マイケルズ
C・C・デヴィル
ボビー・ダル
リッキー・ロケット

初期メンバー

  • ヴォーカル:ブレット・マイケルズ
ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。1963年3月15日生。リッキーとPARIS、スペクターズを経てPOISONに。
スティーヴン・タイラーデイヴィッド・リー・ロスビリー・アイドルの影響を受ける。
小児糖尿病でインスリンを打ちながら活動を続ける。病気が原因でライヴ中に倒れ救急、搬送されたことも。ソロ活動も続けている。
クリスティ・ギブソン(元妻)との間に娘2人。RAINE(2000年生)Jorja(2005年生)
  • ギター:C・C・デヴィル
NY ブルックリン出身。5月14日生。1985年3月POISONに最後に加入したメンバー。
  • ベース:ボビー・ダル
ペンシルベニア州ハリスバーグ出身。11月2日生。15歳でギターを始めるがベースが気に入り転向した。
モトリー・クルーNIKKI SIXXを敬愛する。
  • ドラム:リッキー・ロケット
ペンシルベニア州ハリスバーグ出身、8月8日生。父親がトランペッターだったため、ドラムを始める前はトランペットを担当していた。

過去に在籍していたメンバー

アルバム[編集]

  • 1986: Look What the Cat Dragged In(邦題:ポイズン・ダメージ) 3位 3Xプラチナム (US)
  • 1988: Open Up and Say...Ahh!(邦題:初めての***AHH!) 2位 5Xプラチナム (US)
  • 1990: Flesh & Blood(邦題:フレッシュ&ブラッド~今夜ケモノのように) 2位 3Xプラチナム (US)
  • 1991: Swallow This Live  51位 ゴールド (US)
  • 1993: Native Tongue  16位 ゴールド (US)
  • 1996: Poison's Greatest Hits: 1986-1996
  • 2000: Crack a Smile...and More!  131位 (US)
  • 2000: Power to the People  166位 (US)
  • 2002: Hollyweird  103位 (US)
  • 2003: Best of Ballads & Blues
  • 2006: The Best Of Poison: 20 Years Of Rock  17位 (US)
  • 2007: Poison’d  32位 (US)  (ローリング・ストーンズデヴィッド・ボウイ等の楽曲を収録したカバーアルバム)

外部リンク[編集]