ボールドギャロウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボールドギャロウェイBald Galloway1705年 - 不明)は、18世紀初頭に活躍したイギリス競走馬種牡馬である。父をフランスから輸入したライダー大尉による生産。毛色は芦毛で、父はセントヴィクターズバルブ (St. Victor's Barb) 、母はグレイホワイノット(Grey Whynot。その父ホワイノット〈Whynot〉)である。

競走馬としての出走歴などは不明。エドワード・コークの元で種牡馬として繋養され、カートゥーシュ (Cartouch) 、フォックスハンターFoxhunter、バクハンターBuckhunter(別名Carlisle Gelding)、グレイロビンソン(Grey Robinson。レギュラス〈Regulus〉の母、11号族)、ロクサナ(Roxana。ラス〈Lath〉、ケード〈Cade〉の母)、シルヴァーロックス (Silverlocks) 、ボールドギャロウェイメア(Bald Galloway Mare。17号族)、オールドレディ(Old Lady。17号族、ボールドギャロウェイ1×3)などの産駒を残した。一説によると、1725年イギリス首位種牡馬だという。また、フォックスハンターの子孫とされるガブリエル (Gabriel) はアメリカに渡り、19世紀中ごろまで当地で父系子孫が生き延びていたという説もある[1]が、ダーレーアラビアン (Darley Arabian) の系統にもフォックスハンターという馬がおり、それと混同されている可能性もある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]