ボーネラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーネラマ
ボーネラマ (2006)}
ボーネラマ (2006)
基本情報
出身地 米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ブラスバンド
ファンク
ロック
R&B
ジャズ
活動期間 1998年~現在
レーベル 自主制作、バッファロー・レコード
公式サイト bonerama.net
メンバー
クレイグ・クライン (tb.)
マーク・マリンズ (tb.)
スティーヴ・サター (tb.)
マット・ペローン (sousaphone)
バート・コットン (gt.)
エリック・ボリヴァー (ds.)
旧メンバー
ブライアン・オニール (tb.)
リック・トロルセン (tb.)
ラッセル・バティストJr. (ds.)
チャド・ギルモア (ds.)

ボーネラマ (Bonerama) は、 米国ルイジアナ州ニューオーリンズブラス・バンド。 通常、目立つ機会が比較的少ないトロンボーンをあえて4本揃えて前面に押し出した、異色のスタイルを取る。展開するサウンドも、オールマン・ブラザーズの"Whippin' Post"、レッド・ツェッペリンの"The Ocean"などのカバーで顕著なように、伝統的なブラスバンドのスタイルの常識を覆すものであり、彼らは自らの音楽を「ニューオーリンズ・ブラス・ファンク・ロック」と呼んでいる。

ボーネラマは、ハリー・コニック・Jrのビッグバンドのメンバーであった、2人のトロンボーン奏者、マーク・マリンズとクレイグ・クラインを中心として、1998年に結成された。当初のメンバーは彼らに加え、もう2人のトロンボーン奏者、スティーヴ・サター、ブライアン・オニール、ニューオーリンズ・ナイトクローラーズ・ブラス・バンドでも活躍するスーザフォンのマット・ペローン、ギタリストのバート・コットン、ドラマーのチャド・ギルモアといった面々であった。

2001年にデビュー作 Live at the Old Point をリリース。これまでリリースした3枚のアルバムはいずれもライヴ・アルバムである。2005年12月、ブライアン・オニールがニューオーリンズのソロ・ギグ中に心臓発作により死去したものの、その後も活動は続けている。

ディスコグラフィー[編集]

外部リンク[編集]