ボート・ツー・オイレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボート・ツー・オイレンブルク

ボート・ヴェント・アウグスト・ツー・オイレンブルク伯爵Botho Wendt August Graf zu Eulenburg1831年7月31日 - 1912年11月5日)は、ドイツ官僚政治家プロイセン王国内相、首相を歴任した。弟にフィリップ・ツー・オイレンブルク公爵がいる。

1831年7月31日プロイセンの首都ベルリンに生まれる。1878年叔父のフリードリヒ・アルブレヒト・ツー・オイレンブルク伯から内務大臣職を受け継ぎ、プロイセン首相であったオットー・フォン・ビスマルクを内政面から支えた。内相としては社会主義者鎮圧法の制定に取り組んだ。

1881年ヘッセン=ナッサウ州首相を経て、1892年プロイセン首相兼内相に就任する。経験豊かな行政官であり、弟フィリップは皇帝ヴィルヘルム2世の友人で国政に影響力を持っていた。オイレンブルクは、カプリヴィの次の帝国宰相を狙っていた。しかし、社会主義者対策でヴィルヘルム2世とは見解が違ったため、オイレンブルクの野心は実現しなかった。

先代:
フリードリヒ・アルブレヒト・ツー・オイレンブルク
プロイセン王国内相
1878年-1881年
次代:
ローベルト・フォン・プットカンマー
先代:
ルートヴィヒ・ヘルフルト
プロイセン王国内相
1892年-1894年
次代:
エルンスト・フォン・ケーラー
先代:
レオ・フォン・カプリヴィ
プロイセン王国首相
1892年-1894年
次代:
ホーエンローエ・シリングスフュルスト