ボーダン・ボンダレンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーダン・ボンダレンコ Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Bohdan Bondarenko
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
種目  走高跳
生年月日 1989年8月30日(24歳)
生誕地 ハルキウ
身長 197cm
体重 80kg
走高跳 屋外 : 2m42 (2014年)
室内 : 2m27 (2009年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ボーダン・ボンダレンコウクライナ語: Богдан Бондаренко, Bohdan Bondarenko, 1989年8月30日 - ) はウクライナの陸上競技選手、専門は走高跳。 屋外自己ベストは2014年6月14日にIAAFダイヤモンドリーグアディダスグランプリで記録した2m42。2m42は記録当時、ハビエル・ソトマヨルに次ぐ歴代2位の記録。室内自己ベストは2m27。右足で踏み切り、背面跳びを使う。

経歴[編集]

ボンダレンコはソビエト連邦・ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ハルキウに生まれた。2005年9月、ヤルタで行われた競技会で2m15を跳んだ。2006年、北京で行われた世界ジュニア選手権に出場[1]、予選で2m14をかろうじてクリアし、16歳で史上最年少の決勝進出者となった。予選で6名が2m14をクリアしたが、無効試技数の差で2名が決勝に進んだ[2]。決勝では自己ベストを更新する2m26を跳び、黄海強ニキ・パリに次ぐ3位に入って銅メダルを獲得した[3]。2007年2月、キエフで行われた室内競技会で自己ベスト2m25を記録した。同年、屋外は2m19を跳ぶのがやっとだった[1]

2008年、ボンダレンコは室内シーズンに目立った記録を残せなかったが[1]、6月にヤルタで出場した競技会でジュニア今季世界最高(当時)となる2m25を跳んだ[4]。7月、ビドゴシチで行われた世界ジュニア選手権決勝はジュニア今季世界最高となる2m26の記録で優勝した[5]。2m21で1度失敗した以外2m08から2m26までを1回でクリアした[6]。2008-09年の室内シーズン、ボンダレンコは2009年2月にウッチで行われた競技会で自己ベストを2m27に伸ばした[1]。2009年ヨーロッパ室内選手権は9位だった[7]

2011年、オストラヴァで行われたヨーロッパU-23選手権は2m30の記録で優勝、7月に深圳で開催されたユニバーシアドも優勝を飾った。8月に大邱で出場した世界選手権は2m28の記録で予選A組8位となり予選落ちした。

2012年、ボンダレンコは6月17日にムィコラーイウで行われた競技会で2m31に自己ベストを伸ばす。同年8月のロンドンオリンピックにウクライナ代表として出場し、8月7日の決勝は2m29の記録で7位入賞の成績を残した。決勝は5人が2m29をクリアしこのうちムタズ・エサ・バルシムら3名が銅メダルを獲得したが、ボンダレンコは2m20・2m29を1回ずつ失敗、無効試技数の差でメダル獲得はならなかった[8]

2013年、5月10日のカタールスーパーグランプリを2m33の大会タイ記録で優勝、同月18日の上海ゴールデングランプリは大会記録に並ぶ2m33を記録したがバルシムに敗れた。6月30日のバーミンガムグランプリは大会タイ記録の2m36で優勝。7月4日のアスレティッシマは世界歴代3位となる2m41を記録して優勝した。2m41は3回目に成功しロンドンオリンピック銀メダリストのエリック・カイヤードを抑えて優勝、同年6月にバルシムがプリフォンテーンクラシックで記録した2m40を上回る今季世界最高をマークした[9]。7月26日のロンドングランプリも2m38の記録で勝って同年のダイヤモンドリーグ4勝目を挙げた[10]。8月にモスクワで出場した世界選手権では16日の決勝で、自己タイ記録となる2m41で優勝した。このとき、1つ前の2m38をパスし、2m41も2回目で成功するなどの余裕さを見せていたため、ハビエル・ソトマヨルが1993年7月27日に出した世界記録2m45を超えるのではないかと期待されたが、達成はされなかった。

主な戦績[編集]

大会 開催地 順位 記録
2006 世界ジュニア選手権 中華人民共和国の旗 北京 3位 2m26
2007 ヨーロッパジュニア選手権 オランダの旗 ヘンゲロ 9位 2m14
2008 世界ジュニア選手権 ポーランドの旗 ビドゴシチ 1位 2m26
2009 ヨーロッパ室内選手権 イタリアの旗 トリノ 9位 2m20
2011 ヨーロッパU-23選手権 チェコの旗 オストラヴァ 1位 2m30
ユニバーシアード 中華人民共和国の旗 深圳 1位 2m28
世界選手権 韓国の旗 大邱 予選 2m28
2012 ヨーロッパ選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 11位 2m29
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 7位 2m29
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 1位 2m41

脚注[編集]

  1. ^ a b c d
  2. ^ High Jump – M – Qualification”. IAAF (2006年8月17日). 2009年3月7日閲覧。
  3. ^ “Men's High Jump Final”. IAAF.org. (2006年8月17日). http://www.iaaf.org/history/WJC/season=2006/eventCode=3486/news/kind=108/newsid=35768.html 2009年3月7日閲覧。 
  4. ^ “Bondarenko and Bednarek make the show in men's High Jump final”. IAAF.org. (2008年7月13日). http://www.iaaf.org/WJC08/news/kind=100/newsid=46100.html 2009年3月7日閲覧。 
  5. ^ HIGH JUMP - MEN - JUNIOR - OUTDOOR - 2008 IAAF. 2013年8月13日閲覧
  6. ^ High Jump – M – Qualification”. IAAF (2008年7月13日). 2009年3月7日閲覧。
  7. ^ Results. High Jump Men”. European Athletics (2009年3月7日). 2009年3月7日閲覧。
  8. ^ LONDON 2012 ATHLETICS,HIGH JUMP MEN FINAL London2012. 2013年8月13日閲覧
  9. ^ Mulkeen, Jon (2013-07-04). BONDARENKO FLIES HIGH WITH STUNNING 2.41M IN LAUSANNE – IAAF DIAMOND LEAGUE IAAF. 2013年8月13日閲覧
  10. ^ Brown, Matthew (2013-07-26). BOLT BRINGS A BIT OF LIGHTNING TO LONDON – IAAF DIAMOND LEAGUE IAAF. 2013年8月13日閲覧

外部リンク[編集]