ボージョーアウンサン・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボージョーアウンサン・スタジアム
DTYangon162.jpg
施設情報
所在地 ミャンマーの旗 ヤンゴン シグナル・パゴダ通
位置 北緯16度47分02秒 東経96度09分39秒 / 北緯16.783861度 東経96.160725度 / 16.783861; 96.160725座標: 北緯16度47分02秒 東経96度09分39秒 / 北緯16.783861度 東経96.160725度 / 16.783861; 96.160725
所有者 ミャンマー政府
運用者 ミャンマー政府
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
ヤンゴン・ユナイテッド (ミャンマーサッカーリーグ)
サッカーミャンマー代表
東南アジア競技大会(1961年, 1969年)
収容能力
40,000人(最大)

ボージョーアウンサン・スタジアムビルマ語: ဗိုလ်ချုပ် အောင်ဆန်း အားကစားကွင်း英語: Bogyoke Aung San Stadium)は、ミャンマー最大の都市ヤンゴンにある国内最大の多目的スタジアムである。

概要[編集]

ボージョーアウンサンとは、ビルマ建国の父であるアウンサン将軍(: General Aung San)のこと。収容人数は40,000人[1]。主にサッカーの試合に用いられる。現在、ミャンマーサッカーリーグヤンゴン・ユナイテッドがホームスタジアムとして使用している他、サッカーミャンマー代表がホームスタジアムとして使用している。

1961年と1969年には、東南アジア競技大会のメイン会場となった。

交通アクセス[編集]

ミャンマー鉄道のヤンゴン環状線、ヤンゴン中央駅より徒歩約3分。 スタジアム付近には駐車場がほぼないため、公共交通機関の利用が推奨される。

脚注[編集]

外部リンク[編集]