ボーケール (ガール県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Beaucaire
Blason ville fr Beaucaire (Gard).svg

Beaucaire vue.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ラングドック=ルシヨン地域圏Blason région fr Languedoc-Roussillon.svg
(département) ガール県Blason département fr Gard.svg
(arrondissement) ニーム郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 30032
郵便番号 30300
市長任期 ジュリアン・サンシェズ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Beaucaire-Terre d'Argence
人口動態
人口 15,274人
2007年
人口密度 177人/km²
住民の呼称 Beaucairois/Beaucairoises
地理
座標 北緯43度48分29秒 東経4度38分39秒 / 北緯43.8080555556度 東経4.64416666667度 / 43.8080555556; 4.64416666667座標: 北緯43度48分29秒 東経4度38分39秒 / 北緯43.8080555556度 東経4.64416666667度 / 43.8080555556; 4.64416666667
標高 平均:?m
最低:1m
最高:156 m
面積 86.52km² (8 652ha)
Beaucaireの位置
Beaucaire
公式サイト Site officiel de la Ville de Beaucaire
テンプレートを表示

ボーケールフランス語:Beaucaireオック語:Bèucaire)は、フランスラングドック=ルシヨン地域圏ガール県コミューン

地理[編集]

ローヌ川に架かる橋

ガール県の東県境にあるボーケールは、ローヌ川岸にある。西のニーム、北東のアヴィニョン、南のアルルを3点とした三角形の中心にあたる。プロヴァンスカマルグ、コスティエール(fr)台地の各地方の交差路にもあたる。ローヌ川を挟んでボーケールと向かい合うのはブーシュ=デュ=ローヌ県タラスコンで、タラスコンとともに約3万人の都市圏を形成する。

歴史[編集]

ボーケール城
ノートルダム教会

紀元前7世紀頃にまちができた。ボーケールはイタリア=スペイン間をつなぐドミティア街道の都市の一つであった。この時代の名はUgernumであった。

中世、都市の拡大は停滞した。この暗黒時代のボーケールには、災難を避けることができなかった。ボーケールはブルグントゴート族、そしてサラセン人に征服された。占領時代に最初の城壁と城ができた。

『美しい石』を意味する地名ボーケールが町の名となった。モンフォール=アモリ領主にしてアルビジョア十字軍の指揮官であったシモン・ド・モンフォール4世(fr)は、1216年にボーケールを包囲した。

13世紀、ルイ9世が数回ボーケールを訪れた。町は拡大し、人口が増加した。百年戦争ユグノー戦争にもかかわらず、ボーケール商人の富と平行して建築物の栄華と洗練は増幅した。

1579年、ボーケールはラングドック知事モンモランシー=ダンヴィルによって治められていた。彼はカトリック教徒であったがユグノーに寛容であった。町の民衆隊長はジャン・ド・パラベールであった。しかしモンモランシー=ダンヴィルはパラベールを斬首刑にして、街を手に入れるため反乱を引き起こした。ボーケールは、提督ガスパール・ド・コリニーの息子フランソワ2世・ド・コリニーが送った援軍によってユグノー派が制圧した。

17世紀から19世紀、ボーケールのマドレーヌ市は国際的な影響をもたらした。10日間開催されるフランシュ市は、マルセイユ港の1年間の売り上げと同じであった。1789年のフランス革命も、商人の活動を変えることがなかった。

鉄道の敷設、川での水上貿易の衰退が、次第にマドレーヌ市を衰退させた。マドレーヌ市は、見本市の形態の他に闘牛や多様な祭りを含んでいた。いつも7月21日に始まり、月曜日に終了し、少なくとも6日間続けられた。

19世紀終わりから20世紀初頭、大きな価値のある数少ない例が、まちの東側、旧市街をローヌ川の洪水から守るために市街に沿ってつくられた石の壁である。ローヌ・エ・セット運河が掘削されたのもこの時代である。ボーケールがミディ運河に接続された。

経済[編集]

ボーケールは、セメント会社シマン・フランセ(frイタルチェメンティ子会社)の本拠地である[1]

みどころ[編集]

  • サン=ロマンの洞窟修道院 - ローヌ川とガルドン川の合流地点を見下ろす石灰岩の露頭の上にある。16世紀に修道院が打ち捨てられた後、残った石材を用いて防衛施設がつくられた。施設は1850年に解体され、現在は遺構がわずかに残る。
  • ボーケール城
  • ノートルダム・デ・ポミエ参事会教会 - 18世紀バロック様式
  • サン=ポール教会 - プロヴァンサル・ゴシック様式
  • レゼスティヴァル - 毎年開催される闘牛祭り。ボーケールはフランス闘牛都市連合(fr)に参加しているコミューンである。

姉妹都市[編集]

ボーケールは以下の都市と姉妹都市協定を結んでいる[2]

1969年以降姉妹都市となっているファルシエンヌの市長は、2014年4月1日に極右政党所属の市長がボーケールに誕生したことを理由に、姉妹都市協定を破棄した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Italcimenti
  2. ^ jumellage de Beaucaire
  3. ^ Sandra Durieux, « Arlon et Farciennes rompent leurs relations avec Hayange et Beaucaire », Le Soir, 31 mars 2014, consultée le Template:1er avril 2014.