ボンバーマン (プレイステーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンバーマン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1人(ノーマル)
1〜5人(バトル)[1]
メディア CD-ROM
発売日 1998年12月10日(通常版)
2001年7月5日(廉価版)
2008年5月28日ゲームアーカイブス
その他
  1. ^ PSPでは1人プレイ専用、PS3ではマルチタップに対応していない。
テンプレートを表示

ボンバーマン』は1998年12月10日ハドソンから発売されたアクションゲームプレイステーションのボンバーマンシリーズ第4作目にあたる。

北米では『Bomberman Party Edition』の名称で販売された、欧州では日本と同じ名称で販売されている。尚、Bomberは英語ではボマーと発音する。

2004年4月15日発売のWindows版『ボンバーマンコレクションVOL.2』に収録されたほか、2008年5月28日よりゲームアーカイブスで配信開始された。

ゲームの概要[編集]

今回は初心に返ることをコンセプトに作られ、ノーマルゲームは初代『ボンバーマン』をリメイクした作品となっている。

また、バトルモードはマルチタップを使用した最大5人までの同時対戦はそのままに、過去のシリーズで登場したボンバーマンを操作できたり、多種多様なステージで対戦することができる。

ノーマルゲーム[編集]

基本ルール等は『ボンバーマン (ファミリーコンピュータ)』の項を参照。

ファミコンで発売された『ボンバーマン』をリメイクしたものとなっているが、いくつか相違点がある。(後述)

はじめから開始する場合、今作オリジナルのグラフィックや音楽で進行する「アレンジモード」と、初代のグラフィックを再現した「オールドモード」の2つから選択する。おおまかなゲーム進行はどちらを選んでも変わらないが、ゲーム途中での変更はできない。なお、アレンジモードやバトルゲームでは、アイテムを取ったりクリアしたときに、ボンバーマンがしゃべるようになっている。

ファミコン版との違い[編集]

  • ファミコン版には「地下迷宮を脱出して人間になる」というストーリー設定があったが、今回は特にストーリーなどは設けられていない。エンディングもオリジナルのものになっている(アレンジ・オールド共通)。
  • 制限時間が減少。ファミコン版は3分20秒(200秒)、今作は3分(180秒)となっている。
  • ゲームオーバー時に表示されるパスワードは、入力枠数の都合上今作オリジナルのものとなっており、ファミコン版のシークレットコード(パスワード)は使用できない。それに伴い、パスワードを使って遊ぶことができた、正規のものではないステージ(0面や256面など)も遊べなくなっている。
  • ゲームオーバー時にはパスワードを使ってコンティニューできるほか、メモリーカードに進行度をセーブすることもできる。ただしこの場合、前のステージには戻れなくなる。
  • アレンジモードのみ、10面クリアするごとに「ボンバーマンショータイム」を見ることができる。内容は面によって異なるが、基本的に白ボンと黒ボンがちょっとしたコントを繰り広げるもの。

バトルゲーム[編集]

互いに爆弾を使って相手を倒す、おなじみの対戦ゲーム。今回の大きな特徴として、プレイヤーの腕前に応じて初級・中級・上級の3つのレベルに分かれている。それぞれ使用できるキャラクターや対戦ステージが異なっており、レベルが高いほどマップの仕掛けなども複雑になっている。

通常の対戦形式「バトルロイヤル」のほか、ボンバーマンのバイタリティや出現するアイテムを自由に設定できる「マニアック」で遊ぶこともできる。

初級レベル[編集]

ステージの仕掛けは凝ったものがほとんどないため、仕掛けでパニックに陥るようなことが少なく、アイテムも「ボムアップ」「ファイアーアップ」など基本的なものが中心のため、最も基本的なテクニックが勝敗を分ける。使用可能キャラはボンバーマンのみ。

中級レベル[編集]

ある程度バトルモードに慣れた人向き。初級レベルのものを発展させたステージも登場し、ボムを動かす「ボムキック」「パンチ」などの戦略を広げるためのアイテムが登場する。また、アイテム「タマゴ」を取ると、『スーパーボンバーマン3』で登場したお助けキャラ・ルーイに乗ることができる。

使用可能キャラは、同じく『スーパーボンバーマン3』で登場した8人のワールドボンバーズ(ボンバーマンもその中に含まれる)。性能に差はないが、CPU操作の場合は行動パターンがそれぞれ異なる。

上級レベル[編集]

中級よりもさらに複雑な構造・攻撃的な仕掛けのあるステージが多く、多彩なアイテムが登場するため逆転要素が高い。アイテム「タマゴ」を取ると今作オリジナルのお助けキャラ(後のシリーズに出てくる「キャラボン」に近い)に乗る。また、お助けキャラに乗っているときにタマゴを1つストックすることができる。

使用可能キャラはボンバーマンのほか『スーパーボンバーマン4』で登場したボスキャラ・ボンバーグレート&ボンバー四天王と、ハドソンのマスコットキャラであるハニーと小鉄。なお、上級ではボンバーマン以外のキャラは特有の特殊能力を持っており、×ボタンと方向キーで使用できる。

アイテム[編集]

ソフトブロックを壊していくとアイテムが出現し、取ることでボンバーマンがパワーアップする。ただし一度やられるとボムアップ・ファイアーアップ・スピードアップ以外のアイテムは効果がなくなる。

ボムキックとボム通過、各種ボムは併用できず、最後に取ったほうが優先される。

ボムアップ
一度に設置できる爆弾の数が1つ増える。
ファイアーアップ
爆風の範囲が上下左右に1マスずつ伸びる。
スピードアップ
ボンバーマンの移動スピードがアップ。 ノーマルゲームでは1つしか存在しない。
リモコン
設置した爆弾を×ボタンで任意に爆破できる。ノーマルのみで登場。
ボム通過
設置した爆弾の上を通ることができる。
ブロック通過
ソフトブロックの上を通ることができる。
無敵スーツ
取ってから一定時間無敵になり、あらゆるダメージを防ぐ。
ファイアーマン
爆弾の爆風に対してダメージを受けなくなる。ノーマルのみで登場。
  • ※以下のアイテムはバトルゲームのみに登場する。
フルファイアー
火力が一気に最大になる(ステージの端から端まで届くようになる)。
ゲタ
ボンバーマンの移動スピードがダウン。
貫通ボム
爆風がソフトブロックやアイテムを貫くので、火力分だけソフトブロックを一気に壊すことができる。
パワーボム
最初の1個のみ火力が最大になる。また、この爆弾をボムキックで蹴って相手に直接当てると、所持アイテムをばらまかせることができる。
ボヨヨンボム
ゴム爆弾となり、蹴ると障害物に当たると反転するようになり、投げるとランダムで跳ね回るようになる。跳ねている爆弾に直接当たると所持アイテムをばらまく。
地雷ボム
最初の1個が隠れて見えなくなり、誰かが踏むと数秒後に爆発する。マニアックモードでは出現させることができない。
パワーグローブ
足元にある爆弾を持ち上げて投げることができる。投げられた爆弾に直接当たると、所持アイテムをばらまかせる。爆弾を持ち上げている間は相手の投げた爆弾を跳ね返せる。また、自分と重なっている相手を直接投げることも可能。
ボムキック
設置した爆弾を蹴って一直線に動かすことができる。蹴った爆弾は壁にぶつかるか、△ボタンで止められる。蹴る方向に2つ以上のボムが連続して置かれている場合は動かせない。
パンチグローブ
設置した爆弾を前方に弾き飛ばす。プッシュを所持している場合は、プッシュしながら爆弾を押し飛ばす。
ボンバープッシュ
相手ボンバーマンを押し飛ばすことができる。
ラインボム
現在の爆弾設置可能数だけ、前方へ直線状に一気に置くことができる。
タマゴ
中級・上級レベルで登場。お助けキャラに乗ることができる。
ハート
ミスを1度だけ回避することができる。
ドクロ
取るとボンバーマンが病気になり、さまざまな状態異常を引き起こす。アイテムを取ると回復するほか、通常状態の相手になすりつけることもできる。

外部リンク[編集]