ボンバーマン (ファミリーコンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンバーマン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
ディスクシステム[Disk]
MSX
Palm
ゲームボーイアドバンス[GBA]
開発元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント
発売元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)
人数 1人のみ
メディア ロムカセット
[MSX]:BEE CARD
[Palm]:CD-ROM
発売日 [FC]:1985年12月20日[1]
[Disk]:1990年4月24日
[MSX]1986年
[Palm]:2001年12月14日
[GBA]:2004年2月14日
対象年齢 CERO:全年齢対象
テンプレートを表示

ボンバーマン』(BOMBER MAN)は、1985年12月20日ハドソンファミリーコンピュータ(以下FC)用ソフトとして発売したアクションゲームである。

概要[編集]

8ビットパソコン用ゲーム『爆弾男』を基に家庭用にリメイクして発売したゲームソフト。そのため厳密には違うという見解もあるが、事実上はボンバーマンシリーズの第1作目である。FCロムカセット版は同社のFC版『バイナリィランド』と同日に発売されており、当時のテレビCMでも「バイナリィランドと同時発売」と強調されていた。

翌年にはBEE CARD対応作品として『ボンバーマンスペシャル』のタイトル名でMSXにも移植されている。タイトル名にスペシャルと付いているのは、先述の『爆弾男』がボンバーマンとしてMSXに既に移植されていた為である。

2004年ファミコンミニのラインナップとしてゲームボーイアドバンス用に復刻されたほか、2005年にはハドソンベストコレクション Vol.1にも収録された。Palmにも移植された。1作目ではFC版『ロードランナー』のプロローグ的なストーリー、主人公のボンバーマンはロードランナーに登場した敵のロボットの1体という設定であったが、後にシリーズ化した際にはそれらの設定は無かった事になっており、バンゲリング帝国シリーズにも含まれていない。パッケージイラストも『ボンバーマン』のタイトルでは唯一人型ロボットのイラストであったが後の同タイトルでは現在のロードランナーに登場した敵ロボットの絵柄に統一されている。

ストーリー[編集]

主人公のボンバーマンは、バンゲリング帝国の地下迷宮で爆弾を製造する仕事をしていた作業用ロボット。彼はこの毎日にうんざりしていた。ある日、彼は地上に脱出すれば人間になれるといううわさを聞く。ボンバーマンは人間になり自由を得るため、地上への脱出を決意した。

ゲームシステム[編集]

ステージは2画面分の広さがあり、横スクロールする。全50ステージ。方向キーで移動し、Aボタンで爆弾を設置する。爆弾は一定時間で爆発し、十字に爆風が飛ぶ。また、あるアイテムを取った場合はBボタンで任意に爆弾を爆破することができる。

プレイヤーはボンバーマンを操作し、ソフトブロック(破壊可能なブロック。「レンガ」とも呼ばれる。)を爆弾で壊しつつ、ステージ上のを倒していく。ブロックの中には出口の扉とアイテムがひとつずつ隠されており、アイテムを取るとボンバーマンがパワーアップする。なお、出口やアイテムに爆風を当てるとそこから敵が大量に出現する。後のステージになるほどソフトブロックの密度が上がっていく。

ステージ上のすべての敵を爆風で倒して、出口の扉の上に立つとステージクリア。ステージをクリアするごとに、ボンバーマンの残機数が増える。

ステージには制限時間があり、開始と同時に画面左上のタイマーがカウントダウンを始める。これが0になると、ステージ全体に強力な敵「ポンタン」(通常の敵と同じく倒すことはできる)が10匹出現する。ただし後のシリーズと異なり時間によってミスになることはない。

敵か爆弾の爆風に触れるとミスとなり、爆死する。爆弾は障害物としての判定も持っており、仕掛けた場所から動くと通り道が塞がれることになる(逆にこれを利用して敵の進路を塞ぐこともできる)ため、爆弾の置き方に注意を払わないと、行き場の無いところに自ら入りこみ自爆することにもなりかねない。一度ミスすると一部のアイテムの効果がなくなってしまう。残機がなくなるとゲームオーバーだが、パスワードによるコンティニュー機能が搭載されている(後述)。残機が128を超えた状態でミスした場合もゲームオーバーとなる。

全50ステージをクリアするとエンディング画面が流れ、その後1面に戻り無限にループする。

BGM[編集]

当時としては斬新なミニマル系。主人公がパワーアップアイテムを取ると、リアルタイムに音が重なりあって独特のBGMを奏でてゆく。作曲者は竹間淳。このBGMは後に様々なボンバーマンのゲームでアレンジされている。火炎バリアパネル、?パネル取得時には専用のBGMが流れる。

ボーナスステージ[編集]

5面ごと(35面以降は39面、44面、49面クリア後)にボーナスステージになる。この面ではソフトブロックが全く無く、ボンバーマンは無敵状態で敵や爆風に触れてもやられない。制限時間内にできるだけ多くの敵を倒すのが目的で、タイマーが0になるとその場でステージが終了し、次のステージに進むことができる。

コンティニュー[編集]

ゲームオーバーになると、「シークレットコード」と呼ばれるパスワードが表示される。これを次回プレイする時に入力すると、続きから始めることができる。パスワードは20個のアルファベットAPの16文字)で構成されており、面数や一部のパワーアップだけでなく得点も記録される。本作のパスワード機能にはバグが多く、通常では遊ぶ事ができないバグ面が遊べたり、爆弾が通常とはかけ離れた火力になるパスワードがファミリーコンピュータMagazineのウル技コーナーなどのゲーム雑誌に掲載される事が多かった。

パワーアップパネル[編集]

各ステージに1つずつ隠されている。爆弾の炎を当てると消滅してしまい、パネルがあった場所から敵キャラクターが8体出現する。 扉やアイテムを爆破したときに出現する敵はそのステージのアイテムの種類により決まっている。名称のあとのカッコ内の数字は登場面、解説文のあとのカッコ内が対応する敵で、敵キャラクターの詳細については後述する。アイテムは取ると1000点のボーナスになる。

火力(1・7・15・27・38)
顔のついた火の玉が描かれたアイテム。「ファイアーアップ」「ほのお」とも呼ばれる。取ると爆弾の火力(爆発時の爆風の長さ)が1ブロック分(最大5ブロック分まで)伸びる。爆破するとオニールが登場する。
爆弾(2・5・6・11・12・17・19・23・28・32)
爆弾が描かれたアイテム。「爆弾アップ」「爆弾ストックアップ」「ボムアップ」とも呼ばれる。取るとセットできる爆弾の数が1個(最大10個まで)増える。爆破するとバロムが登場する。
リモコン(3・8・13・20・22・24・29・33・37・41・44・48)
ハートマークの中に爆弾が描かれたアイテム。取るとBボタンで爆弾を任意に爆破できるようになる。ミスするとなくなる。爆破するとコンドリアが登場する。
ブーツ(4)
ローラースケートのような靴が描かれたアイテム。「スケート」「ローラーシューズ」「快速シューズ」とも呼ばれる。取ると移動速度がアップする。(移動速度がアップした状態で取っても効果変わらず。)4面でしか出現しないアイテムで、これがないと一部の高速の敵に追いつかれるため、万一取得に失敗した場合はミスして4面をやり直した方がよい。爆破するとダルが登場する。
壁通過(10・16・31・39・42・46)
効果線のついた人の形が描かれたアイテム。「レンガすり抜け」などとも呼ばれる。取るとソフトブロックを通過できるようになる。敵と同じく、ボンバーマンも破壊されるブロックに重なっているとやられてしまうので注意が必要。ミスするとなくなる。爆破するとミンボーが登場する。
爆弾通過(9・14・18・21・25・35・43・47)
効果線のついた爆弾が描かれたアイテム。「爆弾すり抜け」とも呼ばれる。取ると自分の仕掛けた爆弾を通過できるようになる。ミスするとなくなる。爆破するとオバピーが登場する。
火炎バリア(30・36・49)
炎のような模様の中に人が描かれたアイテム。「ファイアーマン」などとも呼ばれる。取ると爆風に耐えられるようになる。のちのシリーズと異なり時間制限がなく、敵に当たってミスしない限りそれ以後の面でも効果が継続するため、これがあるかないかでゲーム性が大きく変化する。爆破するとパースが登場する。
パーフェクトマン(26・34・40・45・50)
?マークが描かれたアイテム。「フェニックス」などとも呼ばれる。取ると30秒間だけ無敵になり、爆風及び敵の攻撃が通じなくなる。爆破すると最高得点の敵キャラであるポンタンが出現するため、得点目当てで爆破されることもある。爆破するとポンタンが登場する。

隠れキャラクター[編集]

特定の面で、ある行動をすることで出現する得点アイテム。高得点のものほど出現させるための行動条件が難しいが、取得すると最大で2000万点という莫大な点数が入るものもある。ハドソンの他ゲームからゲスト出演しているものもある。なお、リメイク版等では版権等の都合で別のキャラクターに差し替えられているものもある。

Bパネル(1万点)
スターフォース』のボーナスターゲット。出現条件は易しく、敵を全滅させないまま扉を通過すると出現。ただし出現時間は短い。
ゴーデス(2万点)
スターフォース』の100万点ボーナスキャラ。正式にはクレオパトラなのだが、こちらの名称で呼ばれることが多い。出現条件は敵を全滅させた後にステージの外側を一周する。
コーラ(3万点)
C」の字が書かれたビン。敵を全滅させないまま扉を通過し、しばらくそのまま十字キーをずっと押し続けているといつの間にか出現する。
ファミコン(50万点)
文字通りの初代ファミコン。敵を全滅させた後、爆弾を248発誘爆させることで出現する。
中本プログラマー(1000万点)
のちにハドソンの副社長を務めた、中本伸一の顔。ブロックを1つも壊さずに敵を全滅させると出現。
デゼニマン(2000万点)
デゼニワールド』の主人公。敵を1体も倒さずにすべてのソフトブロックを壊し、その後扉に3回炎を当てると出現する。

敵キャラクター[編集]

敵キャラは全部で8種類。のちのシリーズに比べると少ないが、その分それぞれの個性が際立っている。なおカッコ内は単体で倒したときの得点で、一度に複数の敵を倒すと一定の法則の元に得点が上昇する。

バロム(100点)
オレンジ色の風船のような敵。移動速度は遅くあまりプレイヤーを追いかけてくることもない。それでもいきなり方向転換したりするので、プレイヤーの能力の低いうちは侮れない。
オニール(200点)
青色でタマネギのような体形をした敵。バロムより素早く、割としつこく追いかけてくる。初登場時はかなりの強敵。
ダル(400点)
赤いのような形の敵。オニールより素早いが、動きは単調であまり方向転換しないため、それほど強くはない。MSX版ではアルゴリズムが変わっている為か、時おりプレイヤーを執拗に追いかけて来る場合もある。
ミンボー(800点)
円盤のような敵。移動速度はスピードアップしたボンバーマンと同じで最速クラス。加えてしつこく追いかけてくる。
コンドリア(1000点)
青いスライム状の敵。ソフトブロックを通過し、プレイヤーを正確に追いかけてくるが、移動速度が極端に遅い。敵としては弱い部類に入る。なおソフトブロックを通過する敵は、重なっているブロックを破壊すれば一緒に倒すことができる。MSX版ではオバピーとアルゴリズムが入れ替わっており、プレイヤーを追いかけてくる事は殆どなくなっている。
オバピー(2000点)
名前のとおり赤いお化けのような姿。ソフトブロックを通過するうえ、非常に不規則な動きをする倒しにくい敵。MSX版ではコンドリアとアルゴリズムが入れ替わっている為、執拗にプレイヤーを追いかけてくる。
パース(4000点)
トラの顔のような姿。移動速度はミンボーと同じだが、より正確に追いかけてくるうえ爆弾から逃げるような動きもする。ソフトブロックは通過してこない。
ポンタン(8000点)
ミンボーに似ているが顔の表情が異なり、常に回転しながら高速で移動する。パースの性能に加え、ソフトブロックを通過するという最強の敵。終盤のステージのほか、タイムオーバー時にも出現する。MSX版ではバロムと殆ど変わらない速度なので、FC版より弱体化している。

主なスタッフ[編集]

  • PROGRAM:中本伸一

関連項目[編集]

  • 竹間淳 - 作曲
  • 谷啓 - 10年以上の長期にわたりプレイしていたのを多くの人が目撃している[2]

脚注[編集]

  1. ^ ゲームセンターCXより。
  2. ^ SWITCH公式ガイドブック2002年11月1日、小学館発行。P89

外部リンク[編集]