ボンバーマンGB2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンバーマンGB2
Bomberman GB2
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント
発売元 ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント
人数 1人
1~4人(対戦)
メディア ロムカセット
発売日 1995年8月10日
テンプレートを表示

ボンバーマンGB2』は1995年8月10日ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたアクションゲームゲームボーイボンバーマンシリーズ第3作目。

ストーリーモード[編集]

8つのエリアから成り、1エリアは5面+ボス戦1面で構成されている。それぞれのエリアには2つのクリア条件が設定されており、エリア開始時にどちらかを選ぶ。クリア条件は「レッスンモード」で試すことができる。『ボンバーマンGB』の、各エリアのボスを倒すとアイテムが手に入るシステムを引き継いでいる。

地下エリア[編集]

最初のエリア。インディボンバーが落ちてしまった地下空間の中。

  • モードA「モンスタートライアル」  全ての敵を倒すと扉が開く。
  • モードB「モンスターカウント」  敵を決められた順番で倒す。倒せる敵は矢印で示される。
  • ボス「カース」  倒すと「ムチ」(他のボンバーマンシリーズにおける「ボムキック」と同じ)が手に入る。

沼エリア[編集]

第2のエリア。沼に囲まれている。

  • モードA「かくれアジトのぬま」  隠れている「アジト」を探し出しすべて壊す。
  • モードB「ふっかつアジトのぬま」  「アジト」をすべて破壊すればクリア。「アジト」を壊さない限り敵は何度倒しても出てくる。
  • ボス「マッドポッド」  倒すと「ダッシュ」が手に入る。

町エリア[編集]

第3のエリア。古代の町の遺跡。

  • モードA「スイッチいせき」  スイッチを切り替えて障害物を移動させながら進む。
  • モードB「スイッチオンスイッチ」  すべてのスイッチをONにする。
  • ボス「コリントマン」  倒すと「ラインボム」が手に入る。

ピラミッドエリア[編集]

第4のエリア。強敵が多い。

  • モードA「ふじみのモンスター」  モンスターが不死身。宝石をすべて壊すと全滅する。
  • モードB「にせダイヤのへや」  正しい宝石をすべて壊す。
  • ボス「ダイマミー」  倒すと「タックル」が手に入る。

砂漠エリア[編集]

第5のエリア。砂漠の中の遺跡。

  • モードA「まじんのべろ」  魔人の像が舌をのばして邪魔をする。
  • モードB「まじんエレベーター」  魔人の像の舌に乗り進む。
  • ボス「サンドクロウラ」  倒すと「モトボンバー」が手に入る。今作では、モトボンバーに乗っていれば1度だけダメージを受けてもミスしない(モトボンバーは壊れる)。

洞窟エリア[編集]

第6のエリア。暗闇に包まれる。

  • モードA「どうくつトライアル」  一定時間で暗くなる。ドラムカンに炎を当てることで再び明るくすることが可能。
  • モードB「まっくらカウント」  モンスターカウントと同じ要領で進む。一定時間で暗くなる。ドラムカンに炎を当てることで再び明るくすることが可能。
  • ボス「フレイムカップ

密林エリア[編集]

第7のエリア。ジャングルの中。

  • モードA「ジャングルワープ」  第3のエリアに登場したスイッチに加え、ステージ中にある「ほこら」がワープポイントになっている。
  • モードB「まよいのもり」  モードAと同じく「ほこら」があるが、こちらはボンバーマンが隣に来ないと見えない。
  • ボス「ジャングルヘッド」  倒すと「フルパワー」が手に入る。

最終エリア[編集]

全エリアのボスが勢ぞろいで登場する。

対戦モード[編集]

スーパーゲームボーイ対応で4人同時対戦ができる。尚、ゲームボーイでもパスワードを『5656』と入力すれば対戦が可能。但し、通信ケーブルが必要(1人でプレイする場合は不要)。ステージとその中身は以下の通り。

  • ステージ1
特に何も仕掛けのないステージ。
  • ステージ2
ボムキックで矢印に乗るとその方向に流れるステージ。
  • ステージ3
ワープするほこらがあるステージ。
  • ステージ4
毒ガスが吹き出ているステージ。これに触れると一定時間動きが遅くなる。
  • ステージ5
時間が経つにつれ、暗くなっていくステージ。爆風を当てることで明るくなる。
  • ステージ6
フル装備の状態で対戦するステージ。

レッスンモード[編集]

ステージのクリア条件やトラップの種類を確認して、実際にプレイをして練習するモード。このモードのみ操作するキャラクターがインディボンバーではなく、ボンバーマンになる。

外部リンク[編集]