ボンバルディア グローバル・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボンバルディア グローバル・エクスプレス

ルートン空港を飛び立つグローバル・エクスプレス

ルートン空港を飛び立つグローバル・エクスプレス

ボンバルディア グローバル・エクスプレス (Bombardier BD-700 Global Express) は、カナダボンバルディア・エアロスペース社が開発した高速ビジネスジェットである。長大な航続距離をもち、軍事目的にも転用された。

同じクラスの競争機にガルフストリーム G550ダッソー ファルコン 7Xなどがあげられる。

概要[編集]

ボンバルディアは、1991年に傘下のカナディアがグローバル・エクスプレスという名のビジネスジェット機の研究を開始したことを発表した。この計画が公式に開始されたのは1993年12月だが、設計作業はそれ以前から既に開始されていた。開発にあたってカナディアが定めた目標は、これまでのあらゆるビジネスジェット機よりも高速かつ長い航続距離を有すること、同クラスの航空機の中で最大かつ最も多様性に富む客室を有すること、そして運航及び飛行時の信頼性を可能な限り高くすることであった。設計・製造にはCAD/CAMが用いられ、1996年10月13日に試作機が初飛行した。1998年7月にはカナダの形式証明を取得し、その直後から顧客への引き渡しを開始した。

グローバル 5000

グローバル・エクスプレスは途中で燃料を補給することなく大陸横断が可能であり、世界中のどこに向かおうとも1回の補給で事足りる。また、スラストリバーサースラットの装備により、このクラスの機体としては高い短距離離着陸能力も持つ。コックピットは6つの表示装置を備えたグラスコックピットで、最新ロットでは表示装置が大型のものに変更され数も4つになった。長い客室は3つの区画に分けることができ、搭乗員の休憩区画やギャレー、化粧室などを備えることも可能。

ボンバルディアの3つの子会社がプロジェクトに参加し、それぞれが決められた役割のもとで開発と製造を行っている。カナディアは設計の指揮で機首を製造しており、ショート・ブラザーズはエンジン・ナセルと水平尾翼、そして胴体前部の設計と製造を担っている。他にはデ・ハビランド・カナダが胴体後部と垂直尾翼の製造と最終組み立てを行い、出荷させている。以前は分担生産に三菱重工業も参加しており、胴体中央部と主翼の製造を行っていたが、現在はMHICA(三菱重工のカナダにおける現地法人)が行っている。

その後、改良型のグローバル・エクスプレス XRSに生産が移行し、現在はグローバル 6000の名称で販売されている。また短胴型のグローバル 5000も存在し、こちらは航続距離がやや短い。

軍用型[編集]

イギリス空軍のセンチネル R.1

イギリス空軍E-8の小型版ともいえる地上監視機として改造しセンチネル R.1の名称を与えている。前部胴体下部に搭載した合成開口/動目標表示レーダーは奥行333kmの戦場を画像化でき、その情報を戦術データ・リンクによりリアルタイムで味方地上軍司令部や攻撃航空部隊に伝えることができる。

アメリカ空軍も電波の届きにくい山岳地帯での通信中継機としてE-11Aの名称で採用している。他にもボツワナドイツなどいくつかの国が、政府専用機としてグローバル・エクスプレスを運用している。

仕様[編集]

出典: Specifications Bombardier Global Express, Airliners.net: Bombardier BD-700 Global Express

諸元

  • 乗員: 操縦士2名、乗務員1 - 2名
  • 定員: 8 - 19名
  • 全長: 30.3 m (99 ft 5 in)
  • 全高: 7.57 m (24 ft 10 in)
  • 翼幅: 28.65 m(94 ft 0 in)
  • 翼面積: 94.9 m2 (1,022 ft2
  • 空虚重量: 22,600 kg (49,750 lb)
  • 有効搭載量: 805 kg (1,775 lb)
  • 最大離陸重量: 44,500 kg (98,000 lb)
  • 動力: ロールス・ロイス・ドイチュランド BR700 ターボファンエンジン、65.5 kN (14,750 lbf) × 2
  • キャビン全長:14.73 m (48 ft 4 in)
  • 胴体幅:2.49 m (8 ft 2 in)
  • キャビン幅:2.11 m (6 ft 11 in)
  • キャビン高:1.91 m (6 ft 3 in)
  • キャビン面積:31.1m2 (335 ft2)

性能

  • 最大速度: 950 km/h (マッハ .89, 590 mph)
  • 巡航速度: 904 km/h (マッハ .85, 488 kt, 562 mph)
  • 航続距離: 11,390 km (6,325 nm, 7,080 mi)
  • 実用上昇限度: 15,500 m (51,000 ft)
  • 上昇率: 436 m/min (1433 ft/m)
  • 翼面荷重: 468 kg/m2 (95.9 lb/ft2
  • 推力重量比: 0.301


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

外部リンク[編集]