ボンジー・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンジー・ウェルズ
Bonzi Wells
Bonzi-Wells-as-a-Houston-Rocket.jpg
名前
本名 Gawen DeAngelo Wells
ラテン文字 Bonzi Wells
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1976年9月20日(37歳)
出身地 インディアナ州
身長 195cm
体重 95kg
選手情報
ポジション シューティングガード

ボンジー・ウェルズBonzi Wells,本名:Gawen Deangelo Wells, 1976年9月20日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。インディアナ州マンシー出身。現在は、身長195cm、体重95kg。ポジションは主にシューティングガード

経歴[編集]

NBA[編集]

ボールステイト大学を卒業し、1998年のNBAドラフトで、デトロイト・ピストンズから全体の11位指名を受けNBA入り。直後にポートランド・トレイルブレイザーズのドラフト指名権とトレードされた。

ルーキーシーズンはわずか7試合のみの出場となったが、2年目にはスティーブ・スミスの控えで66試合に、3年目には75試合中46試合でスミスに代わりスターターで出場するなど、確実に成長を続けた。 4年目となった2001-02シーズンには、チームの主力選手として活躍し自己最高の平均17.0得点、6.0リバウンドを記録するが、次第にファンへの暴言やヘッドコーチとの衝突を繰り返すようになった。

2003-2004シーズン途中に、ウェズリー・パーソンとドラフト指名権とのトレードでメンフィス・グリズリーズへ移籍した。

2004-2005シーズンまでグリズリーズに所属したが、ベンチからの出場が多く、度々チームのヘッドコーチと衝突を起こし、2005年のプレイオフではロスターから外されてしまった。

2005-2006シーズン開幕前、5チーム13選手を巻き込む超大型トレードが発生し、ウェルズはグレッグ・オスタータグボビー・ジャクソンとのトレードでサクラメント・キングスに移籍した。キングスでは多くの試合で先発し、平均13.6得点、7.7リバウンド、2.8アシスト、1.8スティールの成績で、リバウンドとスティールは自己最高をマークした。プレイオフは初戦で敗退したが、平均23.1得点、12.0リバウンドを挙げ大活躍だった。

2006年6月にフリーエージェントなったウェルズは、9月にヒューストン・ロケッツと契約した。

2008年2月よりトレードにてニューオリンズ・ホーネッツに所属。同年12月、CBA山西ドラゴンズと契約。デビュー戦で48得点、11リバウンドを記録した。

プレイスタイル[編集]

ウェルズのプレースタイルは、高い身体能力を生かしたプレーを持ち味とする。体の幅を利用したポストプレイやフェイドアウェイシュートで得点することができる。スコッティ・ピペンモーリス・チークスに師事し、リバウンド、ディフェンスにも力を入れるようになった。

その他[編集]

  • キングスでは6番が永久欠番であったため、大学時代に付けていた42番でプレイした。42番は、2005年2月にボール州立大学の永久欠番となった。
  • 愛称は「The Bonz」である。

外部リンク[編集]