ボンゴ (偶蹄目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボンゴ
ボンゴ
ボンゴ Tragelaphus eurycerus
保全状況評価[a 1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: ブッシュバック属 Tragelaphus
: ボンゴ T. eurycerus
学名
Tragelaphus eurycerus (Ogilby, 1837)
和名
ボンゴ
英名
Bongo

Tragelaphus eurycerus range.png

ボンゴTragelaphus eurycerus)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ブッシュバック属に分類される偶蹄類。

分布[編集]

ガーナガボンカメルーンギニアケニアコートジボアールコンゴ共和国コンゴ民主共和国シエラレオネスーダン南部、中央アフリカトーゴニジェールベナンリベリア[1][a 1]

形態[編集]

体長170-250センチメートル[1]。尾長45-65センチメートル[1]。肩高110-130センチメートル[1]。体重オス220-405キログラム、メス210-270キログラム[1]。背面の正中線上に沿って短い鬣状の体毛が伸長する[1]。頭部前面に黒い斑紋が入る[1]。頬に白い斑点が入り、胸部に白い横縞が入る[1]。胴体の毛衣は赤褐色で、9-15本の白い横縞が入る[1]。前肢外側の毛衣は黒く、蹄の上部に白い斑紋が入る[1]

耳介は大型[1]。角は1回転半捻じれ、表面に2本の稜がある[1]。眼下部や後肢基部の内側、蹄の間に臭腺がない[1]

T. e. eurycerus リベリアボンゴ
顔の黒色斑が明瞭[1]。体色は赤褐色[1]。胴体に入る横縞は14-15本[1]
T. e. cooperi コンゴボンゴ
顔の黒色斑が不明瞭で、頬の白色斑が大型[1]
T. e. isaaci ケニアボンゴ
顔の黒色斑が不明瞭[1]。体色は黄色がかった赤褐色[1]。胴体に入る横縞は約10本[1]

分類[編集]

  • Tragelaphus eurycerus eurycerus (Ogilby, 1837) リベリアボンゴ
  • Tragelaphus eurycerus cooperi (Rothschild, 1928) コンゴボンゴ
  • Tragelaphus eurycerus isaaci (Thomas, 1902) ケニアボンゴ

生態[編集]

標高4,000メートル以下の山地にある森林や藪地に生息する[1]。単独やペア、小規模な群れを形成して生活する[1]

食性は植物食で、主に木の葉を食べる[1]。後肢だけで直立して木の葉を食べたり、角で地面を掘り起こして植物の根を食べることもある[1]

保全状態評価[編集]

T. e. eurycerus リベリアボンゴ
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[a 1]
Status iucn3.1 NT.svg
T. e. isaaci ケニアボンゴ
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[a 1]
Status iucn3.1 CR.svg

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、26頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c d The IUCN Red List of Threatened Species
    • IUCN SSC Antelope Specialist Group 2008. Tragelaphus eurycerus. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.