ボレア語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボレア語族とは、セルゲイ・スタロスティンによって提唱された語族の概念である。アジア・ヨーロッパ・北方のアフリカの全ての言語と、アメリカ・インディアン諸語のいくつかあるいは全てを含む。

ボレア語族 (「ボレア」は「北方」という意味) は、めいめいの提唱されてきた大語族 (複数の確立された語族を包含したもの) を包括できる。


大語族 語族・言語
ノストラティック大語族 ユーラシア大語族 アルタイ諸語, チュクチ・カムチャツカ語族, エスキモー・アレウト語族, インド・ヨーロッパ語族, 南コーカサス語族, ニヴフ語, ウラル語族, ユカギール諸語
アフロ・アジア語族, ドラヴィダ語族
デネ・コーカサス大語族 バスク語, ブルシャスキー語, ナ・デネ語族, 北コーカサス語族, シナ・チベット語族, エニセイ語族
オーストリック大語族 オーストロアジア語族, オーストロネシア語族, ミャオ・ヤオ語族, タイ・カダイ語族

合計すると世界人口の90パーセント以上の人々がこれらの語族に含まれる言語を話している。


ジョーゼフ・グリーンバーグは、彼の提唱したAmerind languagesユーラシア大語族にもっとも密接に関係しており、それがAmerind languagesをノストラティック大語族に分類し、全てのアメリカ・インディアン諸語がボレア語族に分類し得るものであるとみなした。

ボレア語族の提議は、他のアフリカの大きな語族 (ナイル・サハラ語族ニジェール・コンゴ語族コイサン語族) やオーストラリア・アボリジニ諸語インド・太平洋語族を含まない。インド・太平洋語族 (クスンダ語カルト語の2言語を含む。両方ともユーラシア大陸において話される言語) はユーラシアにおいて唯一、ボレア祖語から派生したものではない可能性があることが提唱された。


Nikita Krugly は2000年に名称を提案した功績を認めたが[1]Georgiy Starostin は、ボレア語族という名称がアフリカの諸言語が遠縁に当たるという早まった憶測を促してはならないと警告している。

この仮説の研究は初期の段階にあり、包括されるとする個々の語族さえ歴史言語学者を納得させる確証がなく、非常に懐疑的であるか、まったく判断を下さないままでいる。


脚注[編集]

  1. ^ [1]