ボルボ・PV444/544

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルボ・PV444
1953年PV444(Dシリーズ)
Volvo PV444 DS 1953.jpg
リアスタイル
Volvo 444 black h TCE.jpg
販売期間 1947年 - 1958年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ
3ドア ワゴン(PV445)
エンジン 直4ガソリンOHV1,414cc40馬力/3,800rpm
変速機 3速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前: 独立 ダブルウィッシュボーン コイル
後:固定 リーフスプリング
全長 4,365mm
全幅 1,585mm
全高 1,575mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 995kg
後継 ボルボ・PV544
-自動車のスペック表-
ボルボ・PV544
PV544
Volvo PV544 3108.jpg
PV544のリアビュー
Volvo PV544(1959) tail.jpg
ダッシュボード
Armaturen PV544.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドア クーペ
3ドア ワゴン(PV445)
エンジン 直4ガソリンOHV1,582cc85馬力/5,500rpm
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前: 独立 ダブルウィッシュボーン コイル
後:固定 セミトレーリングアーム パナールロッド コイル
全長 4,450mm
全幅 1,590mm
全高 1,560mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 960kg
先代 ボルボ・PV444
-自動車のスペック表-

ボルボ・PV444/544スウェーデン自動車メーカーボルボ1946年から1965年まで生産した乗用車シリーズである。

ボルボにとっては初の本格的な量産型小型乗用車となった。1940年代前半の米国製フォード・セダンにも似た、前後フェンダーが独立したプレーンバックスタイルの流線型ボディは長く生産が続いた結果、1950年代中期には早くも時代遅れになっていたが、旧式な外観に見合わぬ軽量な車体とシャーシ設計の良好さで優れた動力性能を発揮、モータースポーツでも活躍した。アメリカ合衆国をはじめとする国外輸出も多数行われ、今日のボルボ乗用車の基礎を築いた。安全性・耐久性への配慮や、一つのモデルを長期間生産するという20世紀末まで続いたボルボの伝統も、やはりこのPV444/544で確立された。

PV444[編集]

スウェーデン第二次世界大戦中を通じ中立を守ったため戦禍から免れたが、スウェーデンを囲むヨーロッパ諸国は戦勝国・敗戦国を問わず広範に戦禍を受けており、戦争終結後の厳しい戦後不況の影響からはスウェーデンも免れがたい状況にあった。ボルボ社経営陣は戦後の経済的窮乏の中、会社の生き残りのためには、従来の市場で中級以上のレンジに当たるボルボ車よりも、より小型で経済的な商品を開発することが必須であると洞察、戦時中から新型車の開発を開始していた。

新しい小型車はPV444として1945年2月に発表された。実際の生産は戦争終結後の1946年秋にずれ込んだが、戦後に市場に投入された新型車としては最も早い一台となった。の車名のPVはスウェーデン語の「Person Vagn」(乗用車)、444は「4人乗り・4気筒・40馬力」の意味であった。

メカニズムの特徴としてはボルボとして初めて、世界的にも比較的早い段階でモノコックボディを採用し、車両重量を1t以下に抑えたことが特筆される。また、前輪サスペンションも当時のフォードがまだ固定軸であったのに対し、独立懸架を採用した。

エンジンはボルボ初のOHV直列4気筒が新開発された。当初のエンジンはB4B型と呼ばれ、排気量は1,414ccでその名の通り40馬力であったが、1955年にはSUツインキャブ付きのB14A型が追加され、1957年には1,583ccのB16A・B16B(ツインキャブ)に変更された。

1953年には3ドアワゴンの「PV445デュエット」も追加された。1958年までの14年間に約20万台が生産されている。途中の小変更によりA、B、C、D、E、H、K、Lの合計8シリーズがある。当時の日本にも少数ながら輸入された。

PV544[編集]

1956年には完全な戦後型としてボルボ・120(アマゾン)シリーズが登場していたが、PV系の高い信頼性・耐久性と鈍重な見かけによらぬ高性能を愛好する層も少なくなく、1958年には改良を受けてPV544に発展、アマゾンよりも廉価な価格帯をカバーするモデルとして存続した。

車体の変更点としてはフロントウインドウが1枚物の曲面ガラスとなり、リアウィンドウも拡大されて視界が改善されたこと、居住性も改善されて5人乗りになったことである。リアサスペンションも120シリーズと同じコイルスプリングに改められた。

エンジンは当初PV444の後期型と同じB16系であったが、1962年以降はP1800クーペと同じ1,778cc5ベアリングのB18型エンジンとなり、特にツインキャブのB18D型搭載車は「ボルボ・スポーツB18」として高性能を売り物に販売された。また、他のボルボ各車と同様1959年には3点式シートベルトが装備され、ダッシュボードにはクラッシュパッドが貼られるなど、早くも安全性にも配慮がなされていた。

PV544は当時の日本へも駐留米軍人や外交官によって持ち込まれ、日本人愛好家によって乗り継がれた。漫画家の佃公彦もそうしたオーナーの一人であった。PV544は1965年に生産を終了するまでに約24万台(PV444との合計で約44万台)生産されたがワゴン版の「PV210デュエット」は、ボルボ・140シリーズにワゴン版が登場する1969年まで継続生産された。

モータースポーツ[編集]

ラリー競技[編集]

PV544はその北欧のラリーカーらしい強靭なボディかつ、コントローラブルなハンドリングを買われ、スティグ・ブロンクビストをはじめとする北欧系ドライバー達の多くがPV544でラリーを始めたとされている。

ポテンシャルは高く、WRC設立以前のラリーであるヨーロッパ選手権を2度制す実力を発揮した。1965年サファリラリーでは後年までラリー界で名を博すジョギンダ・シンがPV544を駆り初優勝する。この時にシンが駆っていたPV544は前年のラリーで、ボルボ・ワークスが駆って大破させ、ケニアに残して行ったもので、シンによって修復され出走、優勝したという逸話がある。[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三栄書房「ラリー&クラシックス Vol.4 ラリーモンテカルロ 100年の記憶」内「ラリーモンテカルロ・ヒストリック マシン総覧」より抜粋、参考。

関連項目[編集]