ボルボ・FH/FM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FH16(前期型)
FH12(後期型)

FH/FMボルボ・トラックスが製造する大型トラックである。「FM」がカーゴで「FH」がトラクターとなる。

概要[編集]

ボルボ・トラックの主力車種であり、欧州を中心に世界中で販売されている。尚、車種名の後に付く数字は排気量を表している。

歴史[編集]

ボルボ・FH16
  • 1993年 - Fシリーズ(F10/F12/F16)の後継としてFHが登場。
  • 1994年 - 日本仕様車の正規輸入開始。
  • 1998年 - FHの廉価モデルとしてFM(FM7/FM9/FM10/FM12)が登場。
  • 2002年 - ビッグマイナーチェンジを実施。キャブの内外装が大幅に変更された。
  • 2005年 - 日本仕様車のマイナーチェンジモデルの発売開始。エンジンは日本専用のD12Fを搭載し、新短期規制に適合。
  • 2006年 - 欧州仕様のエンジンが12000ccのD12A/D12Bから13000ccのD13A/D13Bに変更され、FH16以外は単にFHと名乗るようになった。
  • 2007年 - 日本仕様車のエンジンをD13Fに変更し、新長期規制に適合し、機械式ATのI-シフトを設定。
  • 2010年 - これ以降ボルボ傘下のUDトラックス(旧・日産ディーゼル工業)が大手企業向けに販売・アフターサービスを行なっている。
  • 2012年 - 初のフルモデルチェンジとなった新型FH発売開始。日本国内では2014年中に導入予定。

ラインナップ[編集]

  • カーゴ
  • セミトラクタ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]