ボルドー液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルドー液を散布したブドウの葉
ボルドー液を散布したブドウの葉

ボルドー液(-えき、: Bouillie bordelaise)とは、殺菌剤として使われる硫酸銅消石灰の混合溶液[1]。塩基性硫酸銅カルシウムを主成分とする農薬で、果樹野菜などの幅広い作物で使用されている[2]。1L当たりの硫酸銅、生石灰のグラム数に基づき、“4-4式ボルドー”や“6-6式ボルドー”のように表記する場合もある[3]

また、ボルドー液は農林水産省告示する『有機農産物の日本農林規格』の「別表2」で指定されており、有機農法での利用が可能である[4][5]

概要[編集]

19世紀初頭のボルドー液の広告
19世紀初頭のボルドー液の広告

ボルドー液は100年以上の歴史を持つ伝統的な薬剤であるが、広範囲の病害に対する優れた予防効果と残効性を持ち、しかも安価である事などから現代でも農業において欠かすことの出来ない存在である[6]

全登録農薬を網羅した農山漁村文化協会刊行の『農薬・防除便覧』には、塩基性硫酸銅の水和剤として、井上石灰工業ICボルドー66D、ICボルドー48Q、ICボルドー412の三種類と、日本農薬フジドーフロアブルZボルドーの二種類が掲載されている[7]。なお、商品名に“ボルドー”を含む農薬は他にも数多く存在するが、「硫酸銅と生石灰との混合溶液」というボルドー液の本来の定義に沿えば、(フジドーフロアブル、Zボルドーも含めて)ボルドー液には当たらない物が殆どである。

効用[編集]

殺菌効果[編集]

ボルドー液の殺菌効果は、銅イオンスルフヒドリル酵素酸化する事によるSH阻害であり、病原糸状菌のみならず病原細菌にも有効である[8]。また、耐性菌が生まれる心配も無いとされ、効果が安定している[8]チャ白星病や、水稲いもち病など、長年ボルドー液が唯一の特効薬とされてきた病気も少なくなかった[9][10]

細菌の侵入防止効果[編集]

ボルドー液はその優れた残効性から、果実の表面を覆い植物の内部への病原菌などの侵入を防止する効果も有している[11]

植物の活性化・抵抗性向上効果[編集]

こうした細菌等に対する効果の他にも、銅イオンがエチレン受容体配位されることで植物ホルモンの一種であるエチレンが機能することから[12]、植物そのものを活性化する作用もあるとされる。また、銅にはエリシターとしてファイトアレキシンを誘導する効果、つまり植物の免疫機構を活性化する効果も認められている[13]

害虫防除効果[編集]

更に、ナメクジカタツムリなどは銅イオンを忌避する事が研究で明らかになっており[14]、これらの防除効果も期待できる。

歴史[編集]

調製[編集]

一般的な調製方法の例として、大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループによるボルドー液の調整法を以下に示す[23]

  • 生石灰を消化し、10~20%の水で乳化する。
  • 硫酸銅を砕いて、80~90%の水に溶かす。
  • 石灰乳を混ぜながら、硫酸銅を注いでいく。

このようにボルドー液は、使用する前に“庭先混合”と呼ばれる[24]煩雑な調整作業を必要とするが、ICボルドーのように事前に調整が完了しており、水で薄めるだけで使用できる商品も存在する[25]

危険性[編集]

“農薬”という言葉から、ボルドー液は人体にとって有毒な物質と勘違いされる場合もある。しかし、ボルドー液はカルシウムの化合物(石灰)と銅の化合物(硫酸銅)とを混合した溶液であり、銅とカルシウムはどちらも人体にとって安全な物質である[26][27]。それどころか、どちらも栄養表示基準に定められた栄養成分であり[28]、人体の健康には欠かすことの出来ない必須元素である[29][30]

但し、生石灰は水と発熱反応するため[31]皮膚に直接触れるとと反応して熱傷の原因になる恐れがある[32]。また、作物の種類や不適切な混用などによっては作物に汚損などの薬害を起こす場合もある[33]。そのため、ボルドー液の使用に際しては適切な装備と、適切な用法を心掛ける必要がある。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 安東和彦; 都築司幸 「木医の農薬概論 : III. 農薬の製剤と主要製品(1)」、『樹木医学研究』 (樹木医学会) 第6巻第2号113-120頁、2002年ISSN 13440268 
  • 井上石灰工業, 製品情報 ICボルドー, http://www.inoue-calcium.co.jp/products/icbordeaux.html 2014年9月5日閲覧。 
  • 井上博道; 増田欣也; 坂本清他 「ボルドー液散布リンゴ園土壌での銅の蓄積と存在形態」、『日本土壌肥料學雜誌』 (日本土壌肥料学会) 第78巻第1号81-83頁、2007年ISSN 00290610 
  • 大阪府環境農林水産部農政室推進課病害虫防除グループ, ボルドー液調製表, http://www.jppn.ne.jp/osaka/gijyutu/borudo/borudo.html 2014年9月5日閲覧。 
  • 大澤直 『図解入門 よくわかる最新「銅」の基本と仕組み』 秀和システム、2010年ISBN 9784798026725 
  • 大田博樹 「連載 日本の農薬産業技術史(2) ―農薬のルーツと歴史,過去・現在・未来―」、『植物防疫』 (日本植物防疫協会) 第68巻第6号368-371頁、2014年ISSN 00374091 
  • 奥谷禎一; 吉岡英二 「ナメクジは銅イオンを忌避する」、『関西病虫害研究会報』 (関西病虫害研究会)第25号1-3頁、1983年ISSN 03871002 
  • 化学工学会SCE・Net編 『熱とエネルギーを科学する』 東京電機大学出版局、2011年ISBN 9784501419004 
  • 化学用語辞典編集委員会、「ボルドー液」 『化学用語辞典』 技報堂出版、1992年、791頁。 
  • くぬ刀幸博; 寺井康夫 「ブドウにおけるボルドー液濃度の統一および低濃度化」、『山梨県果樹試験場研究報告』 (山梨県果樹試験場)第9号35-41頁、1996年ISSN 03893588 
  • 厚生労働省食品安全委員会添加物専門調査会 (PDF) 『添加物評価書 酢酸カルシウム及び酸化カルシウム』2013年http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002xvz6-att/2r9852000002xw1y.pdf2014年9月5日閲覧 
  • 小島銀吉 『作物病害編』 (第三版) 博文館〈実用教育農業全書〉、1892年 
  • 社団法人日本銅センター, 安全な銅, http://www.jcda.or.jp/anzen/anzen.html 2014年9月5日閲覧。 
  • 消費者庁 (PDF) 『栄養表示基準』2009年http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin344.pdf2014年9月5日閲覧 
  • 永美大志; 大谷津恭之 「石灰硫黄合剤による化学熱傷 ―障害の防止を求めて―」、『日本農村医学会雑誌』 (日本農村医学会) 第59巻第1号44-49頁、2010年ISSN 04682513 
  • 高屋茂雄 「チャ白星病の発生生態と防除に関する研究」、『茶業試験場研究報告』 (農林省茶業試験場)第18号1-120頁、1982年ISSN 05287820 
  • 田代定良 「これまでに登録されたべと病・疫病防除剤」、『EBC研究会誌』 (EBC研究会誌)第5号26-28頁、2009年ISSN 18800491 
  • 田盛正雄 「バナナ斑葉病に関する基礎研究」、『沖縄農業』 (沖縄農業研究会) 第5巻第2号30-34頁、1966年ISSN 13441477 
  • 日本土壌協会 (PDF) 『有機農業で使用可能な資材等 ―有機JAS制度による有機農産物生産のために―』2010年http://www.japan-soil.net/report/h22tebiki_04.pdf2014年9月5日閲覧 
  • 農林水産省 (PDF) 『有機農産物の日本農林規格』2012年http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/yuki_nosan_120328.pdf2014年9月5日閲覧 
  • 濱地文雄; 恒遠正彦 「カキの汚損果防止に関する研究 第2報 病害防除薬剤の種類及び石灰ボルドー液の散布」、『福岡県農業総合試験場研究報告』 (福岡県農業総合試験場)第5号15-20頁、1985年ISSN 02863030 
  • 細辻豊二; 加藤茂 「ボルドー液 100 年祭記念講演『銅剤の歴史と今後の展望』」、『日本農薬学会誌』 (日本農薬学会) 第11巻第3号516-517頁、1986年ISSN 03851559 
  • 松中昭一 『日本における農薬の歴史』 学会出版センター、2002年ISBN 9784762229930 
  • 松村明編、「ボルドー液」 『大辞林』 (第三版) 三省堂、2006年 
  • 三重県農産物安全課 (PDF), ボルドー液の使用について, http://www.pref.mie.lg.jp/NOAN/HP/noyaku/bordeaux.pdf 2014年9月5日閲覧。 
  • 山口潤一郎 『図解入門 よくわかる最新元素の基本と仕組み』 秀和システム、2007年ISBN 9784798015910 
  • 吉田均 「高等植物におけるエチレン生合成系酵素の転写後制御機構に関する分子遺伝学的解析」、『東京大学農学生命科学研究科・農学部博士論文(未刊行)』1-140頁、2007年 
  • 米山伸吾; 近岡一郎 『農薬・防除便覧』 農山漁村文化協会、2012年ISBN 9784540081170 
  • 渡辺和彦; 前川和正、「無機元素による全身獲得抵抗性誘導」 『土壌施肥編』2巻 農山漁村文化協会〈農業技術大系〉、2000年、6の8-6の14頁。 
  • Ainsworth, Geoffrey Clough (1981), Introduction to the History of Plant Pathology, Cambridge University Press, ISBN 9780521230322 
  • Mehrotra, R.; Ashok Aggarwal (2013), Fundamentals of Plant Pathology, Tata Mcgrawhill, ISBN 9781259029554 
  • Millardet, A.; Gayon U. (1885), “Traitement du mildiou par le mélange de sulphate de cuivre et de chaux”, Journal d'agriculture pratique (Librairie agricole de la Maison rustique) (49): 707-710 

関連項目[編集]