ボルガリヤのアウラミイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボルガリヤのアウラミイ[1](? - 1229年4月1日ユリウス暦), ロシア語: Авраамий Болгарский, 英語: Avramii (Abraham) the Bulgar)はイスラームから正教に改宗し、のちに殺された人物。正教会聖人致命者)として崇敬されている。

イスラームが優勢なヴォルガ・ブルガールに生まれ、ムスリムとして育ったが、のちに正教に改宗した。正教の信仰を周りに広めようとしたため捕えられ、拷問を受け信仰を捨てるよう強要されたが、信仰を捨てる事がなかったため、四つ裂きにされ斬首され致命した。

ヴォルガ・ブルガールに住んでいた正教徒達によって埋葬されていた不朽体は、1230年ウラジーミルに移された。記念日は4月1日ユリウス暦使用教会ではグレゴリオ暦4月14日に相当)と、復活大祭後の第四主日である。

脚注[編集]

  1. ^ 転写出典:『正教会暦 2010年』日本ハリストス正教会教団

出典・外部リンク[編集]