ボリス3世 (ブルガリア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボリス3世
Борис III
ブルガリア国王
BASA-3K-7-342-28-Boris III of Bulgaria.jpeg
ボリス3世(1929年)
在位 1918年10月3日1943年8月28日
全名 Борис Клемент Роберт Мария Пий Станислав
ボリス・クレメント・ロベルト・マリヤ・ピイ・スタニスラフ
Boris Klemens Robert Maria Pius Ludwig Stanislaus Xaver
ボリス・クレメンス・ローベルト・マリア・ピウス・スタニスラウス・クサーヴァー
出生 1894年1月30日
Flag of Bulgaria.svg 大ブルガリア公国ソフィア
死去 1943年8月28日(満49歳没)
ブルガリアの旗 ブルガリア王国ソフィア
埋葬 ブルガリアの旗 ブルガリア王国リラリラ修道院
配偶者 イオアンナ・サヴォイスカ
子女 マリヤ・ルイザ
シメオン2世
王家 サクスコブルクゴツキ家
父親 フェルディナンド1世
母親 マリヤ・ルイザ・ブルボン=パルムスカ
宗教 キリスト教カトリック教会正教会
テンプレートを表示

ボリス3世ブルガリア語: Борис III, ラテン文字転写: Boris III1894年1月30日 - 1943年8月28日)は、ブルガリアの国王(ツァール、在位:1918年10月3日 - 1943年8月28日)。父フェルディナンド1世の退位によって即位した。母はパルマ公ロベルト1世の長女マリア・ルイーザ

生涯[編集]

父王フェルディナンド1世第一次世界大戦の敗北に伴い退位したことから、24歳で即位した。敗戦処理の中で農民運動や共産党の勢力が伸張し、これを排除するため1923年クーデターを決行した。1934年にも再度クーデターを起こして全政党を解散、国王を頂点とする親政を確立した。第二次世界大戦中の1943年アドルフ・ヒトラーを訪問し、その直後に謎の急死を遂げた。王位は幼少のシメオン2世が継ぎ、弟のキリルらが摂政となった。

家族[編集]

1930年イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の娘ジョヴァンナ(イオアンナ)と結婚し、1男1女を儲けた。

関連項目[編集]

ボリス3世とアドルフ・ヒトラー(1943年)