ボリス・ペトロヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボリス・ペトロヴィッチ=ニェゴシュБорис Петровић Његош, 1980年1月21日 レ・リラ - )は、旧モンテネグロ王家の子孫。現在のモンテネグロ王家家長ニコラ2世の一人息子で、その推定相続人。2001年よりグラホヴォ=ゼータ大公(Кнез и Велики Војвода од Грахова и Зета)の儀礼称号で呼ばれている。

ニコラ2世とそのフランス人の妻フランシーヌ・ナヴァロ(Francine Navarro, 1950年 - 2008年)の間の第2子、長男として生まれた。パリの装飾美術国立高等学校(l'École nationale supérieure des Arts décoratifs)でタイポグラフィを専攻し、2005年に同校を卒業した。2007年5月12日、ポルトガル生まれの建築家のヴェロニク・アイヨ・カナス・ダ・シルバ(Véronique Haillot Canas da Silva, 1976年 - )と結婚した。夫妻の間には一人娘のミレナ(2008年 - )が生まれている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Orderofdanilo.org :: Birth of H.H. Princess Milena of Montenegro

外部リンク[編集]