ボリス・チェルトック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Борис Евсеевич Черток
人物情報
生誕 1912年3月1日
ロシア帝国ウッチ
死没 2011年12月14日(満99歳没)
ロシアの旗 ロシア モスクワ
国籍 ロシアの旗 ロシア
学問
研究分野 ロケット工学
研究機関 モスクワ技術物理大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ボリス・チェルトックロシア語: Борис Черток1912年3月1日 - 2011年12月14日)はソ連/ロシア科学者工学者。ロシアの弾道ミサイルや宇宙機の制御システムを数多く手がけた。ロシア科学アカデミー会員。

経歴[編集]

モスクワエネルギー大学を卒業。第二次世界大戦直後にはドイツに渡ってV-2ロケットの調査を指導した。その後、人類初の人工衛星であるスプートニク1号の打上げやガガーリンの有人飛行などに制導制御技術者として参加し、ソ連の宇宙開発に貢献した。

晩年にはモスクワ技術物理大学の教授、RKKエネルギア相談役等を務めた。

著書のRockets and People はソ連の宇宙開発史について最も信頼のおける情報源となっている。

2011年12月14日、ロシア連邦・モスクワにて死去[1]。99歳没。

著書[編集]

英語
ロシア語
  • Черток Б.Е. Ракеты и люди — М.: Машиностроение, 1999. (B. Chertok, Rockets and People)
  • Черток Б.Е. Ракеты и люди. Фили — Подлипки — Тюратам — М.: Машиностроение, 1999. (B. Chertok, Rockets and People. Fili — Podlipki — Tyuratam)
  • Черток Б.Е. Ракеты и люди. Горячие дни холодной войны — М.: Машиностроение, 1999. (B. Chertok, Rockets and People. Hot Days of Cold War)
  • Черток Б.Е. Ракеты и люди. Лунная гонка — М.: Машиностроение, 1999. (B. Chertok, Rockets and People. Moon Race)

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]