ボリス・アレクサンドロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子アイスホッケー
オリンピック
1976 インスブルック 男子

ボリス・アレクサンドロフ((ロシア語: Борис Викторович Александров, 英語: Boris Viktorovich Aleksandrov 1955年11月13日-2002年7月31日[1])はソビエト連邦のウスチ・カメノゴルスク(現在、カザフスタンオスケメン)出身のアイスホッケー選手、指導者。ポジションはウィング

経歴[編集]

1972-73年シーズン、カメノゴルスクチームでデビュー、1973年から1978年まではHC CSKAモスクワに加入、1975年、1977年、1978年と3回ソ連選手権優勝を味わった[2][3]

1975年暮れから1976年初めのスーパーシリーズモントリオール・カナディアンズ戦では3-3となる同点ゴールを決めた[4][5][6]。 また1976年のインスブルックオリンピック代表に選ばれた彼は3試合でプレーし2ゴールをあげ金メダルを獲得した[7]。また同年ソ連が3位となったカナダカップの代表にも選ばれている。

1979年にSKA Moskva Oblastでプレーした後、1980年にHK スパルタク・モスクワに移籍、1982年から1989年までは再びカメノゴルスクチームに復帰、その後HC Milano (イタリア), Ferencváros TC (ハンガリー) and Alisa Moskva (ロシア)でプレーした[2]

1998年の長野オリンピックではカザフスタン代表を率いて8位となった。

2002年7月31日、チェリヤビンスクからモスクワへ帰る途中、彼の乗った車は対向車と正面衝突し事故死した[2]

人物[編集]

背が低くずんぐりしていた。若い頃、チームメートから甘やかされていた彼はスター気取りの振る舞い、荒っぽいプレーがしばしば見られ、コムソモール・ミーティングに呼ばれ厳しい意見を聞かされたこともあった[8]ウラディスラフ・トレチャクによれば左利きである彼のシュートは扱いにくいものだったという[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.peoples.ru/sport/hockey/boris_aleksandrov/
  2. ^ a b c Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2010年11月16日閲覧。
  3. ^ (ロシア語) Great Olympic Encyclopedia, vol.1-2, Moscow:Olympia Press Publisher, 2006, entry on "Борис Александров", available online
  4. ^ ウラディスラフ・トレチャク 『V・トレチャク物語』 ベースボールマガジン社、1981年、pp.113
  5. ^ Canadiens-Soviets”. baseball-statistics.com. 2010年11月16日閲覧。
  6. ^ Habs, Red Army tie Tretiak can be beaten-Shutt”. Ottawa Citizen (1976年1月2日). 2010年11月16日閲覧。
  7. ^ Boris Khavin (1979) (Russian). All about Olympic Games. (2nd ed. ed.). Moscow: Fizkultura i sport. pp. 528. 
  8. ^ ウラディスラフ・トレチャク 『V・トレチャク物語』 ベースボールマガジン社、1981年、pp.96-98
  9. ^ ウラディスラフ・トレチャク 『V・トレチャク物語』 ベースボールマガジン社、1981年、pp.114

関連項目[編集]

外部リンク[編集]